on-the-time.jp

2011-11-28

ネスレ、ココア産業での児童労働を終了する。

BBC Newsは、国際問題化しているココア農場での児童労働で、グローバルな大手食品会社ネスレは、児童労働を終了する主なステップかかったと言ったと報告した。

世界で最大のチョコレート生産者のうちの1社であるネスレは、その問題に取り組むことについて、FLA(Fair Labor Association/公平な労働協会)と共同で行うと言っている。

[AD] You can advertise on this site.

FLAは、1月にコートジボアール(Ivory Coast)でネスレのココア・サプライ・チェーンを検査する準備ができている、とネスレが声明で言った。

批評家は、なぜそれが、子どもがそのココア生産に関係していることをそれが知っていながら、なぜ、それを実施するのに非常に長い時間をネスレが必要としたか尋ねた。

ネスレおよび、他の世界で最も大きなチョコレート生産者は10年前にココア・プロトコル「ココア産業での児童労働を終了する国際公約(an international commitment to end child labour in the cocoa industry)」に署名した。

今年の初めに、米国の政府によって委任された報告書で、2001が「十分でなく」、それがもっと行う必要があったので、チョコレート産業が資金提供していることが分かった。

ネスレは、ステートメントで、「ココア・サプライ・チェーンは長く」複雑で、「食品会社が、どんな条件の下でも収穫されたかを作ること、ココアがどこから来るか正確に確証することは困難であった。」と言った。

ネスレは、サプライ・チェーンを明らかにするために、ネスレがほとんどのココアを買っているコートジボアールへFLAが独立監査法人のチームを送るだろうと言った。

その評価の結果は来年公表され、それは将来のオペレーションをガイドするだろう、と会社が言った。

ネスレ代表取締役ホセ・ローペッツ(Jose Lopez)は、「私たちのサプライ・チェーンで児童労働の仕事を持っていません。」と言った。

「私たちの独力では、その問題をで解決することができません。しかし、FLAのようにパートナーと仕事をすることによって、私たちは、それらで最も必要なことをアドレスする努力が、ターゲットとされることを確かめることができます。」と言っている。

2011年3月に公表されたチュレイン大学(Tulane University)による米国の政府支持の報告書で、西アフリカniha
180万人を超える子どもがココアを育てることに関係していることが分かった。

今月の初めに、BBCのハンフリー・ハウクスレー(Humphrey Hawksley)はコートジボアールへ旅行し、豆を抽出する開いたココア鞘を叩き切るためになたを使用して、子どもを見つけました。

1人の少年は、父親によって、3年間農場で働くためにに派遣されており、家族に会っていなかったと彼は伝えた。

コートジボアール労働および社会事務の大臣(Ivory Coast's minister for labour and social affairs)ギルバート・コネ・カファナ(Gilbert Kone Kafana)は、「道徳上の義務」が数年間の内戦によって破壊され、国を再建するのを支援するチョコレート会社があると言った。

コートジボアールが進歩することを可能にするために、「私たちは道、学校、病院および社会センターを建造する必要があります。」
「この開発は農民が善良な生活を持つのに必要です。また、それは、私たちと仕事をするために産業の利害があります。」と言っている。

ネスレは、これまでの罪滅ぼしとして、一つの村に学校と病院を作り、村を結ぶ道路を造り、地域センターを建設し、子供達に対して無償の奨学金を提供する必要がある。

Christian Science Monitorは、まず最初にシエラレオネからの「血のダイヤモンド(blood diamonds)」は来たと報告している。そして、チョコレートで武器取引を西アフリカで開始した!

両国の米津風月堂が「かなよみ新聞」で1878年12月24日のクリスマス・イブに、貯古齢糖(チョコレート)の販売広告を掲載した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.