AD SPACE

2011-11-28

米国感謝祭で、週末の小売が16%アップ!

BBC Newsは、米国の小売業界にとって重要な感謝祭の週末は、NRF(National Retail Federation全国小売連盟)からの情報によると、1年前と比較して16%上昇し、US$524億だったと報告した。

この数字には、感謝祭休日の後の最初の日であるブラック・フライデー(Black Friday)を含んでいる。

NRFは、ブラック・フライデーに8,600万人の顧客がオンラインとショップに出かけてで買い物をすると推測し、デイ・トレーダーは伝統的に赤を残し、利益を得た。

感謝祭の当日には、2,900万人の買物客がいた。

[AD] You can advertise on this site.

小売りの供給者およびモール・フット・トラフィック(mall foot-traffic)を数えるShopperTrakの研究調査サービスによると、ブラック・フライデー販売は、昨年と比較して6.6%増加した。

これは、その日に小売り購入で、今までで費やされた最大金額のUS$114億に並んだ。
小売りモール・フット・トラフィックでは、2010年のブラック・フライデーと比較して、5.1%上昇した。

アナリストは、サイバー・マンデー(Cyber Monday)として知られている月曜の取引結果を待っている。
アマゾン(Amazon(を含むオンライン小売業者は、その一年で最大営業日として、サイバー・マンデーを引用している。

これは、大恐慌前の2007年以来の最大の増加になっている。

いよいよ、米国のどん底を這い上がり始めた兆候と言える。

この好調が年末商戦の全体にどんな変化を起こすか!

米国の電気業界の小売り業者ベスト・バイは、感謝祭週末の間に強い実行者として引用された。

買物客がやむを得ず中へ入る、木曜日に真夜中に店を開き、単に店内に感じられるかもしれない取り引きを申し出るその戦略は、アナリストにスマート・ビジネスの動きと見なされていた。

ShopperTrakの創立者ビル・マーティン(Bill Martin)は、
「これは年次最大です。ShopperTrakの私たちが2007年と2006年の間に見た8.3%の増加以来のブラックフライデーの全国小売評価における利得です。」
「それにもかかわらず、単に1日である。消費者が休日のショッピング季節を通じてこの振る舞いを保持するだろうかどうかは今のところ不明です。」と言っている。

米国の政治家から、小売店まで、年末まで続くことを期待し、来年の完全復興を占う結果を期待している。

私はこの時期、2006年から調査してきているが、こんなに興奮し、将来に期待した声は初めてである。
2008年、2009年、2010年は、もうこの報告は止めようかと思うほど、よどんでいた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.