2011-11-22

Ampatuan大虐殺は、ジャーナリストのためのグローバルなスローガン!

abs-cbnnews.comは、残忍なAmpatuan大虐殺の2周年記念2011年11月23日に世界中のジャーナリストが、今年は無事だったと言う国際的な最初の日として「International Day to End Impunity」をマークしたと報告した。

2年前の11月23日に、フィリピンのミンダナオのMaguindanao州のAmpatuanの町で32人のジャーナリストを含む58人が殺された。

ジャーナリズムをより安全にする方法を見つける努力もなされるに違いない、とグループは言った。

様々な出来事は、この問題を強調するため、水曜日に世界的に式典が保持されている。

IFEX(International Freedom of Expression Exchange)は、この出来事の記憶を広げるためにFacebookおよびWEbサイトをさらに始めました。

CPJの2011年の無事インデックス(2011 Impunity Index)によれば、イラクは、過去10年に未解決の殺人が92件で、最も高い評価をした。

イラクがインデックスのトップで、ソマリア、フィリピンがトップクラスにランキングされた。

Related Dates