2011-11-22

ソーシャルメディア・ユーザーは、「法律に気づかない!」

UKPA(UK Press Association)は、TwitterとFacebookメッセージの法的な含意についての知識は、スコットランドが「危く不足している」、ということが研究で分かったと報告した。

YouGovが実施した調査研究で、5人のスコットランド人で1人(19%)しか、ソーシャルメディア・サイトの使用条件を読んだことないことが分かった。

また、法的権利に関しては、お粗末にも100人に1人しか読んでいなかった。

Twitterユーザーの約半分(48%)は、送る前に彼らの高音が法則に違反しているかどうか考えない、ということが研究で分かった。

その投票は、法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)を代表して、ソーシャル・ネットワークおよび法則に関して2,095人の大人に尋ねた結果であった。

質問された70%は、彼らが特別の法的ガイドラインが持ち込まれたのを望んだと言った。
また、39%は、コメントと見解を公表する場合、ソーシャルメディアを使用する人々はジャーナリストと同じ標準に固定されるべきであると彼らが思ったと言った。

自己権利の主張は一人前に訴えるが、自分は法律に違反していなかどうかになると、実にお粗末だった。

いかのも現代的とも言える。

DLAパイパーのスコットランドの知的財産およびテクノロジー・グループのヘッドであるジョン・マッキンレイ( John McKinlay)は、
「スコットランド、および確かに地球を横断したソーシャルメディアの使用は、過去3年にわたって劇的に発展しました。
「しかし、私たちの研究は、ユーザーのソーシャルメディアに関係のある法則の意識がまだ危く、欠けていることを示します。」
と言った。

これはたまたま、スコットランドで調査した結果であり、日本はさらに惨憺たるものかもしれない。

あなたは、ソーシャルメディア・サイトの使用条件を読んだことありますか?
あなたは、ソーシャルメディア・サイトの法的権利は知っていますか?