2011-11-22

SOPA(Stop Online Piracy Act)反対は、ウイルス型になった!

ワシントンポスト(Washington Post)は、Web企業がサイト上の海賊版内容義務「SOPA(Stop Online Piracy Act)」から解放するように最近コングレスに強要するとともに、それらは自然なウイルス型(viral)ロビー活動をする技術に変わったと報告した。

それは最初に、人気に投じやすいスローガン「Don't Break the Internet.(インターネットはブレークではない。)」
が来た。

その後、伝言板、Twitterおよびオンライン・フォーラム上での支援嘆願が起こった。
その結果、アメリカ検閲の日(American Censorship Day)Webサイトにポストされた図によって、議会への87,000の電話呼び出し、100万人の電子メールにつながった。

このキャンペーンは、その利益に役立つためにシリコン・バレーが重い草の根運動を生成する迅速な能力を明らかにした。

この場合、何千もの他のオンライン会社と同様にGoogle、Facebook、マイクロソフト(Microsoft)およびインテル(Intel)を含む技術で最も大きな会社のうちのいくつかは、法の執行に彼らのサイトをシャット・ダウンする権限を与えることができる議会への法案を柔らかくしたい場合に、それらのホストは内容を著作権侵害した。

ハリウッド、音楽産業および米国商業会議所(U.S. Chamber of Commerce)を含む法案の支持者SOPA(Stop Online Piracy Act/ストップ・オンライン海賊行為)は、さらに利点へのインターネットを使用しようとしました。

それらは、立法が著作権のある映画、ソフトウェアおよび音楽の不正取引を抑制するだろうと主張して、ソーシャルメディア・チャンネルに行き、ぴいぴいとさえずった。

しかし、それらの努力はバーチャル世界でリプルをほとんど作らなかった。

その間に、Tumblr、RedditおよびMozillaのようなサイトに、'そうでなければ、さらに多く'それらの側の関係をポストし、何万もの普通のユーザーを呼び集めることができた。

消費者保護運動家に加えて、これらの会社は、アメリカ検閲の日での役割といて、議会に電話し、かつ法案に反対を示すように消費者を激励するキャンペーンをとっていった。