2011-11-22

RIM、赤字覚悟でPlayBook Tabletの価格値下げ!

Cellular-Newsは、カナダのRIM(Research in Motion)が販売で色褪せたPlayBook Tabletを改善する努力を拡大して、アメリカで今選ばれた小売り業者はUS 0まで価格を大幅切り下げたと報告した。

完全に、下関のバナナにたたき売りより凄いことになった。

だが本小売り業者が集合することができる市場販売支援なしで、小売り市場価格は、アマゾンのKindle Fireで、今直接デバイスを投げ売っている。

RIMは、2011年に4〜500万のPlayBooksの販売すると予測したが、1年の最初の6か月で800,000未満の販売を報告した。

つまり、予測の5分の1以下であった。

会社がもたらされた2ユニットごとで自由なプレーブックを提示した時、その動きは、前の企業ユーザーのために行われた値引に続いた。

RIMは、最近OS改良を遅らせて、2012年2月に顧客へ新しいブラックベリー・プレーブックOS(Blackberry Playbook OS)を配達することを予期すると言っている。

アップルのiPadやアマゾンのKindle Fireと比較すると、独自の魅力的なコンテンツがない。また、独自に販売網もない場合は、売れそうにないことが明らかになってきている。