2011年11月09日

ケニヤの長距離ランナー、アラスカで足を切断。

BBC Newsは2011年11月22日に、米国のアラスカ州で起こった吹雪の中で、2日以上を過ごしたケニアの長距離ランナーであるマルコ・チェセト(Marko Cheseto)は凍傷になり、足首から切断したと報告した。

アラスカ州立大学アンカレジでトラック競技の選手であったマルコ・チェセトが姿を消したとき、彼は保護冬着を着用していなかった。

2011年11月09日に見つかった後、彼は足と手が低体温症および厳しい凍傷に苦しんでいた。

大学職員は、彼の手が完全に回復すると予想されると言った。

手ではない!足が欲しい!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

彼の失踪は、クロスカウントリー・チームとして、ワシントン州の選手権からの大学へ帰った一日後に、スポーツ選手の集中的な捜索が始まった。

UAA(The University Alaska Anchorage/アラスカ・アンカレジ大学)は、看護と栄養を研究しているマルコ・チェセトは、しばらく病院に通うことになるだろうといっている。

大学のWebサイトでマルコ・チェセトは、彼を捜した大学およびボランティアに感謝するステートメントを書いた。

伝えられるところによれば、UAA学生ランナーの仲間ウィリアム・リテクイアン(William Ritekwiang)が彼の故郷カペングリア(Kapenguria)で2月に自殺して以来、マルコ・チェセトは苦しんでいた。

彼は凍てつく温度の外で2011年11月6日午後7時頃から48時間いた後、2011年11月9日(水)の午前にUAAキャンパスの近くのホテルにひょっこり入ってきた。

ホテルの夜マネージャーはアンカレッジ・デイリー・ニューズ(Anchorage Daily News)に、凍傷医療補助員チームに連絡し、彼の運動靴を脱がせることができないと伝えた。

UAAの運動競技の管理者スティーヴ・カッブ(Steve Cobb)はロイター通信社に、「彼は、非常に楽天的で、リハビリテーション・プログラムをうまくやって行くことを切望するように見える。」と伝えている。

マルコ・チェセトは、大学にいた2010年にアンカレジ市長ハーフ・マラソンの記録を作り、全米の学生に運動競技のタイトルをいくつか得たと言ってる。

ケニヤのランナーは、日本にもいるが、いろいろな場所で活躍しているようだが、孤独だったのろう。

アラスカの冬は、もの凄く危険だろう。

MISSING RUNNER -- We need your help Monday, 07 November 2011

Dear Anchorage campus community:

Marko_ChesetoWe need your help. A UAA student athlete, Marko Cheseto, has been reported missing. He was last seen on Sunday evening, 11/06/11, at approximately 7:15 p.m. in the Social Sciences Building lobby by Starbucks. He is likely not dressed for freezing temperatures. If you have seen him or know of his whereabouts, please contact the University Police Department as soon as possible at 786-1120.

Thank you for your help.

Sincerely,
Campus Response Team

-----

UAA runner Marko Cheseto found Wednesday, 09 November 2011

Dear Anchorage campus community:

This morning at approximately 3:30 a.m., the University Police Department received a phone call that UAA student-athlete Marko Cheseto had been found. Marko walked into the Springhill Suites hotel near the UAA and APU campuses and was extremely hypothermic. He has been transferred to a local hospital for care.

Marko was reported missing by his roommates Monday morning after not retuning home the evening prior. Search parties combed the nearby areas for two days in search of Marko's whereabouts.

Thank you,

Campus Response Team
Last Updated ( Wednesday, 09 November 2011 )

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。