on-the-time.jp

2011年11月15日

新婚のブータン国王夫婦が来日。

AFPは、新婚のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク(Jigme Khesar Namgyel Wangchuck)ブータン国王とジェツン・ペマ(Jetsun Pema)王妃が2011年11月15日午前に千葉県の成田国際空港(Narita International Airport)に到着したと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

新婚のブータン国王夫婦は震災後初の国賓として6日間の日程で来日し、2011年11月16日に皇居・宮殿の「豊明殿」で開かれた宮中晩さん会などの歓迎行事に出席したほか、被災地近くの福島県相馬市や京都市上京区の京都御苑敷地内にある仙洞御所を訪問された。

滞在中に、夫妻と最も間近で接した通訳で桐蔭横浜大学大学院のペマ・ギャルポ教授は「(国王は)大学時代から日本史などを勉強なさっているので、日本が大変好きだと思います。」と言っている。

レセプションでは、民族衣装から一転、柔らかな桃色の和服姿で現れた美しすぎる王妃と共に和服を着た国王が現れ、互いに抹茶をたて、京都市下京区の和菓子店「末富」の和菓子「光琳菊(こうりんぎく)」という一品を口にして思わずほほえんだとFNNが伝えている。

ジェツン・ペマ王妃は「(着物は)とても美しくて、驚いたことに着心地が良かったです」と話した。

到着したときブータン国王夫婦は、ブータンの民族服であったが、関西空港ではブータン国王が灰色のスーツ、王妃も黒のスーツ姿で、日本の大使館や空港関係者ら見送りの人々と丁寧に別れのあいさつや握手を交わし、にこやかに機内に乗り込んて、2011年11月20日午前に関西空港から帰国の途に就いた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。