on-the-time.jp

2011年11月19日

中国山東省の化学プラントが爆発、14人死傷!

BBC Newsは2011年11月20日に、中華人民共和国山東省泰安市新泰市のメラミン生産工場で爆発が起こり、14人が死傷したと報告した。

爆発の原因はまだ判っていない。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

中国において業務災害は一般的で、基礎的な安全対策の広範囲の無視で、しばしば責任問題に発展している。

新華社は、爆発が2011年11月19日土曜の午後に起こると報告した。

新泰市からの発表によると、山东新泰联合化工股份有限公司(Shandong Liaherd Chemical Industry Co Ltd)に属する工場であった。

事故で4人が即死し、10人が病院で死亡、5人が負傷して入院したと報告している。

メラミンは、プラスチックおよび他の製品を作るために使用される窒素に富んだ化学薬品で、新華社は、有害物質が爆発によって噴出しなかったと言っている。

会社が契約と利益を追求し、規則が広く軽蔑され、中国は悪評高いほどに貧弱な作業場所安全記録を持っていた。

工場、および建設現場上の事故は一般的で、例えば中国の炭鉱は、安全基準を改善する政府の努力にもかかわらず、世界で最も危険と言われている。

中国のインターネット・ユーザーは、現代の産業経済を構築する中国のラッシュが、労働者の安全性を危険にさらしたかどうか疑問視したと言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。