gaYa広告

2011年11月15日

「悪魔の詩」のサルマン・ラシュディは、Facebookとの戦いで勝利!

BBC Newsは、著者サルマン・ラシュディ(Salman Rushdie/1947 - )は、ソーシャル・ネットワーク上の彼のプロフィール・ページ上で彼自身呼ぶべき名前で起こったFacebookとの戦いに勝ったと言ったと報告した。

彼がミドルネームの「Salman」を使用することを認められるように依頼した後、サルマン・ラシュディのFacebookとの論争は始まった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

しかし、厳しい本名政策を持っているFacebookは小説家の名として、アフマッド(Ahmed)を主張した。

サルマン・ラシュディが、Twitterでぴいぴいとさえずり始めた後、Facebookが「締まった」と言った。

Twitter上のSalmanRushdieとして知られているイギリスに住むインド人作家は、
「Victory! #Facebook has buckled! I'm Salman Rushdie again. I feel SO much better. An identity crisis at my age is no fun. Thank you Twitter!(勝利!るFacebookは締まった。私は再びサルマン・ラシュディです。私はSOをはるかによく思います。私の年齢のアイデンティティーの危機はおもしろくありません。Twitterを感謝!)」
と書いてきた。

さらに、「Just received an apology from The #Facebook Team. All is sweetness and light.(#Facebookチームから謝罪をちょうど受け取りました。すべては優美と明知です。)」と追加した。

64歳のサルマン・ラシュディは、一連のツイーツ中で、Facebookと交えたけんかに関して伝えた。

FacebookとTwitterの両方があって良かった!

しかし、この事件はFacebookが、イランのホメイニが死刑を宣告(Rushdie''s execution)した小説「悪魔の詩(The Satanic Verses)」の著者であることを知らなかったことから始まったのだろう。

知っていたら、喧嘩は---

以前、YouTubeでも似たことがあった。

勉強もしないで、管理しようなどと考えるから、馬鹿な行動を取る!

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。