2011年11月15日

英語「Disgust」の意味の進化?

BBC Newsは、英語「Disgust」の意味はもともと、腐った食べ物や不潔で嫌悪感を表現するために使用された。しかし、最近では道義的に見つけるかは略奪者の行動や電話ハッカーなどとして使用展開され始めている。

そのように、その意味は大きく変化したか。

英語「Disgust」は、古フランス語「desgouster」から1601年に英語に入ってきた。

だから、シェークスピア(Shakespeare/1564 - 1616)は、「Disgust」を知らなかった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

エリザベス女王時代脚本家は、自由に先取りできなかった。

彼の人生で、最後の方に、「Disgust」という言葉があることを知ったかもしれないが、時機を逸していた。

Collins Languageのゲリー・ブレスリン(Gerry Breslin)は、もとの意味は、口語で悪趣味を与えると言う「嫌悪」「嫌い」と言う感覚的な言葉であった。

しかし、それが広範囲に使用されるようになるには200年を必要とした。

最近では、行動として臭いを嗅いで腐った食べ物を判断すると言った動詞的使用法より、姿勢として形容詞的に使用されるようになってきている。

BBCのLab UKによって考案された新しいモラル・テストは、様々なシナリオへの反応をテストしている。

イギリスの英語の単語で、多くが古フランス語や中世フランス語、古代ゲルマン語、中世ドイツ語などから流入され、一つの意味をラテン語系とゲルマン語系で表現できる。

されに面白いのは、手書き文字から導入されたのではなきという証拠も多く見つかる。

例えば「m」が天地逆になって「w」になったり、「ou」が「o」を忘れて、「u」だけになったりしている。

さらに文法までが、ラテン語系とゲルマン語系から影響されていることから、大混乱を起こしている。

しかし、Google Ngramは、産業革命が速度を増し、都市の漂流が都市のラッシュになった1800年の鋭いスパイクを示す頻度を測定している。

「From Grub Street to Fleet Street: an Illustrated History of English Newspapers to 1899」の著者ボブ・クラーク(Bob Clarke)は、エディタとジャーナリストへのレターで、18世紀の「Disgust」について記述している。

実はこの本は、私も読もうとしていた!

ところが、ここで取り上げている1899年までのイラスト新聞は、英語に限定しているが、実はフランス、ドイツ、スペインでも多くが発行されていた。

今風で言えば、グラビア・ニュース新聞である。

当時は、新聞税という特別税があった。

米国では小さな町でも、新聞が発行されていた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。