gaYa広告

2011年11月15日

ドイツは0.5%、フランスは0.4%、第3四半期に成長!

BBC Newsは、久々にヨーロッパで公式データによれば、ドイツ・フランスの経済は、第3四半期に成長を記録したと報告した。

ドイツの国内総生産(GDP)は四半期に0.5%ずつ増加した。
また、4月〜6月の期間の成長も0.1%から0.3%まで改訂された。

年間成長率は第2四半期の3%のレートから下降して、2.5%であった。

フランスでは、経済は0.4%で、第2四半期数字はGDPが0.1%下がったことを示すために下方修正されたが、期待されたよりよく成長した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

フランスの統計研究所は、増加した家庭支出が第3四半期の上昇の背後にあり、その一方でドイツの統計局が、内需がその成長の主な理由であると言った、と報告した。

オブザーバーは、ドイツの経済が今後数か月に急激に収縮することを期待している。

月曜日に、OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development/経済協力開発機構)は、ドイツのGDPが2011年のこの前の四半期に1.4%縮小するだろうと推測した。

先週、「賢人(wise men)」として知られているドイツの経済アドバイザーのパネルは、今年3%の成長を予期したが、ちょうど1%の中で最新の政府見通し以下に、彼らが来年0.9%の成長を予期していたと言った。

金融市場に出て、フランス・ドイツの契約中の利率間の違いは火曜日にレコードに達した。

ドイツ・フランスの10年の契約の利回り(あるいは利率)の間のギャップは、1.726%ポイントに広がった。

ドイツの契約が1.775%落ちている間、フランスの契約の利回りは3.5%まで上昇しました。

それは、もし国々が新発債を出す時それらのレートが有効ならば、お金を借りるためにフランスがドイツのおよそ2倍払うということを示唆した。

ヨーロッパもそろそろ、長いトンネルの先に光が欲しい!

チャンスを逃すな!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告