on-the-time.jp

2011-11-09

フランス・テレコムは来年末までにACEアフリカ・ケーブルをオンライン化!

AFPは、フランス・テレコム(France Telecom)が2011年11月09日水曜日に、フランスから南アフリカへの光ファイバー・ケーブルは高速インターネットをもたらして、2012の後半に、多数の西アフリカの国々へリンクを提供して、オンライン化すると言ったと報告した。

フランス・テレコムが17メンバーのコンソーシアムを率いてプロジェクットとして、ACE(Africa Coast to Europe)ケーブルは、アフリカ海岸の水面下を17,000kmを実行し、2012年の初めに使用可能になる予定になっている。

[AD] You can advertise on this site.

モーリタニア、ガボンおよびコンゴ民主主義共和国を含めて、途中の23か国を接続するアフリカの西の海岸に沿って、ポルトガルを経由して、およびフランスからケープタウンまでの通信ケーブルになる。

陸に囲まれたマリおよびニジェールは陸上ケーブルによって接続される。

ACEプロジェクトは、近年始められたヨーロッパとアフリカを結む1握りの海底ケーブルのうちの1つである。

2011年4月7日に、南アフリカの西側のケープ州とロンドンをつなぐ、アフリカの西部海岸に沿った1010カ国をつないだ14,000kmのWACS(West Africa Cable System)は接続された。

現在、ヨーロッパがの65%と比較して、アフリカは9.6%だけがWebユーザーである。
このプロジェクトは、すべてのアフリカ人をインターネットに招待できるようになる。

アフリカの光ファイバーケーブル接続のキャパシティーは、2009年以来劇的に拡大した。

これらを総称して、最初は「アフリカ・ワン」と呼んでいた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE