2011-11-09

マイクロソフト、Yahoo、AOLはインターネット広告販売で協力。

AP通信は、マイクロソフト、Yahoo、AOLがGoogleとFacebookに対抗するオンライン広告攻撃で協力することにしたと報告した。

火曜日に発表された連合は、マイクロソフト、YahooおよびAOLが持っている少ない重視された広告スペースのうちのいくらかを独力で充満する問題として売るように計画されている。

ただし、Facebookに対抗するというのも不思議なことである。

まさにくつかの資源を共有する時、3つの会社は独立を保持し、互いと競争することを個別の販売チームとして誓った。

その理由として彼らは、それらが1月に広告をともに売り始める前に、米国の反トラスト取締が非独占的な協力に反対することは予期しないと言った。

マイクロソフト、Yahoo、AOLは、ますますGoogleとFacebookに傾いているオンライン広告市場の方向を変更する必要がある。

互いの技術を利用することによって、それらがお金を節約することができ、もっと広告として売ることができように賭けることである。

この協力は、典型的にはWebサイトの巻頭スロットに現われない、広告のカテゴリーをカバーする。

さて、一旦流れ出してしまったオンライン広告市場の方向を変更することが可能だろうか?