gaYa広告

2011年11月09日

金融機関を利用しないモバイル決済。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、モバイル・コマースとモバイル決済のまわりの成長している生態系は、金融機関の新しい機会を作った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

上級アナリストおよびピラミッド・モバイル決済(Senior Analyst and Pyramid's Practice Leader for Mobile Payments)のための実行リーダーであるホセ・マガナ(Jose Magana)によれば、モバイル・デバイスの費用逓減および広い有効性は、金融機関が預金してないままである50%の人口が、有効に達することを可能にしたと報告した。

ホセ・マガナは、「モバイル市場に役立つために既にインフラストラクチャーとシステムを設置している銀行は、闇銀行に預けた人口に拡張するコストを削減し、かつマイクロペイメント・ビジネスに浸透する方法としての注視する技術です。」と言っている。

銀行は、低収入の人に達することができない。あるいは郵便網および非公式の方法のような、田舎地帯などに住んでいる、多くの人の場合、信頼性が低く、または高価である。

さらに、低所得層の人は、銀行との取り引に自然抵抗感がある。
この技術は、彼らがより快適に感じる方法で金融サービスを使用する柔軟性を与えている。

「金融機関ができる、有効、成功裡にモバイル・バンキングのセキュリティを促進することと結合して、預金していないものを通信し引きつけ、モバイル決済市場で成功を見つけるだろう。」と彼は付け加えた。

これは、これから台頭してくる技術になるだろう。

これからのキーワードは、Unbanked Mobile Paymentsまたは、MMU(Mobile Money for the Unbanked)になる。

これを最も恐れているのが、CITI BankやVISA、Mastercardなど、濡れ手で粟を掴んできた人だろう。
しかし、これが現実である。

そして、その便利性と安全性で、これまでのプラスチック・マネーは飲み込まれることだろう。

とくに、プラスチック・マネーは、セキュリティで失敗して、信頼性をなくしている。

これまでITI BankやVISA、Mastercardなどが、人間扱いをしてこなかった人達が、モバイル・コマースとモバイル決済を始める。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。