gaYa広告

2011年11月09日

金融機関を利用しないモバイル決済。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、モバイル・コマースとモバイル決済のまわりの成長している生態系は、金融機関の新しい機会を作った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

上級アナリストおよびピラミッド・モバイル決済(Senior Analyst and Pyramid's Practice Leader for Mobile Payments)のための実行リーダーであるホセ・マガナ(Jose Magana)によれば、モバイル・デバイスの費用逓減および広い有効性は、金融機関が預金してないままである50%の人口が、有効に達することを可能にしたと報告した。

ホセ・マガナは、「モバイル市場に役立つために既にインフラストラクチャーとシステムを設置している銀行は、闇銀行に預けた人口に拡張するコストを削減し、かつマイクロペイメント・ビジネスに浸透する方法としての注視する技術です。」と言っている。

銀行は、低収入の人に達することができない。あるいは郵便網および非公式の方法のような、田舎地帯などに住んでいる、多くの人の場合、信頼性が低く、または高価である。

さらに、低所得層の人は、銀行との取り引に自然抵抗感がある。
この技術は、彼らがより快適に感じる方法で金融サービスを使用する柔軟性を与えている。

「金融機関ができる、有効、成功裡にモバイル・バンキングのセキュリティを促進することと結合して、預金していないものを通信し引きつけ、モバイル決済市場で成功を見つけるだろう。」と彼は付け加えた。

これは、これから台頭してくる技術になるだろう。

これからのキーワードは、Unbanked Mobile Paymentsまたは、MMU(Mobile Money for the Unbanked)になる。

これを最も恐れているのが、CITI BankやVISA、Mastercardなど、濡れ手で粟を掴んできた人だろう。
しかし、これが現実である。

そして、その便利性と安全性で、これまでのプラスチック・マネーは飲み込まれることだろう。

とくに、プラスチック・マネーは、セキュリティで失敗して、信頼性をなくしている。

これまでITI BankやVISA、Mastercardなどが、人間扱いをしてこなかった人達が、モバイル・コマースとモバイル決済を始める。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。