2011年11月09日

リチャード・ブランソンまでが、モバイル・クレジットカード処理に投資。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、モバイル・クレジットカード整理業務提供者に、バージン・グループ(Virgin Group)のボスであるリチャード・ブランソン(Sir Richard Branson)までが、投資することにしたと報告した。

ただし、どれだけ投資したかは明らかにしていない。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

投資した会社は、Kleiner Perkins Caufield and ByersのシリースC(Series-C)ラウンドで、スクエアー(Square)のために、US$1億を集める融資計画である。

リチャード・ブランソンは、「私は人々が成功したビジネスを始めて育てるのを助けることに関して非常に熱烈です。また、スクエアー(Square)は皆を起業家であるように促し、権限を与える、信じられない技術です。」と言っている。

しかし、モバイル・マネーは、これまでのような丼勘定で計算できるビジネスではない。

多くの投資家が、大損をする可能性が高い。

それらのモバイル・デバイスのクレジットカード支払いを受理する個人と、ビジネスのための方法として、2010年に始められたスクエアーは、800,000台以上のカード読み取り機を送っており、現在支払いで毎年US$20億以上を処理している。

米国での成長に現在集中しましたが、会社は2012年に国際市場のスクエアーを提示し、株式を公開することを計画している。

多分、株式公開までのビジネスだろう。

こんな一過性の技術が長く続くとは考えにくい。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告