2011-11-09

リチャード・ブランソンまでが、モバイル・クレジットカード処理に投資。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、モバイル・クレジットカード整理業務提供者に、バージン・グループ(Virgin Group)のボスであるリチャード・ブランソン(Sir Richard Branson)までが、投資することにしたと報告した。

ただし、どれだけ投資したかは明らかにしていない。

[AD] You can advertise on this site.

投資した会社は、Kleiner Perkins Caufield and ByersのシリースC(Series-C)ラウンドで、スクエアー(Square)のために、US$1億を集める融資計画である。

リチャード・ブランソンは、「私は人々が成功したビジネスを始めて育てるのを助けることに関して非常に熱烈です。また、スクエアー(Square)は皆を起業家であるように促し、権限を与える、信じられない技術です。」と言っている。

しかし、モバイル・マネーは、これまでのような丼勘定で計算できるビジネスではない。

多くの投資家が、大損をする可能性が高い。

それらのモバイル・デバイスのクレジットカード支払いを受理する個人と、ビジネスのための方法として、2010年に始められたスクエアーは、800,000台以上のカード読み取り機を送っており、現在支払いで毎年US$20億以上を処理している。

米国での成長に現在集中しましたが、会社は2012年に国際市場のスクエアーを提示し、株式を公開することを計画している。

多分、株式公開までのビジネスだろう。

こんな一過性の技術が長く続くとは考えにくい。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.