2011-11-09

アフリカは現在、アジアに次ぐ2番目のモバイル市場。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、GSMAがアフリカは現在、世界でアジアの後の続く、2番目に大きなモバイル市場で、世界で最も急成長しているモバイルの市場であると発表したと報告した。

アフリカのケニアに本社がある企業に、2年ほど前にすぐにこのようなことになると話したが、まったくケニヤ人を馬鹿にして相手にしてくれなかった。

それでいて、自分はアフリカのトップ・ビジネスマンだと自負していた。

新しいGSMAアフリカ・モービル調査レポート2011(GSMA Africa Mobile Observatory 2011)によれば、2010年第1四半期に50%のモバイル浸透を超過し、モバイルの浸透率が2011年第4四半期に6億4900万に達し、アフリカはこのマイルストーンを達成した。

過去5年にわたって、アフリカを横断的加入者の数は毎年約20%増大しており、2012年の終わりまでに7億3500万以上に達する。

すぐその先が見えていない日本人のアフリカのトップ・ビジネスマンの将来は?

アフリカのモバイル・マネーは、さらにもの凄いことになる。

また、モバイル市場で将来があるのは、アフリカとアジアと中南米で、北米、ヨーロッパにはもう存在しない。

しかし、VISAやMastercard、CITI Bankは、まだ従来のプラスチック・マネーの延長線上でしか思考できず、北米、ヨーロッパの市場を狙っている。