on-the-time.jp

11月11日

米国の退役軍人の日(Veteran's Day)

毎年11月11日は、米国の「退役軍人の日(Veteran's Day)」である。

また、復員軍人の日とも呼ばれ、第一次世界大戦を終結させた、休戦条約の締結した日であり、ヨーロッパ諸国では、休戦記念日又はリメンバランス・デーとして、同じ日が祝日となっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

第一次世界大戦のすべての主要な戦闘が、ドイツによる休戦協定への調印とともに1918年11月11日の11時に公式に終了し、1919年11月11日に、ウッドロウ・ウィルソン(Thomas Woodrow Wilson/1856 - 1924)大統領によって米国で初めて「復員軍人の日」が祝福され、30州が法定祝日の休日とした。

米国議会は1926年に、すべての米国人がその日を祝うよう決議し、1938年には全国的に法定祝日の休日とした。

NASAは2011年11月10日に、宇宙飛行士で、海兵隊退役軍人のジョン・ヤング(John Young)がアポロ16(Apollo 16)で最初のEVA-1(extravehicular activity-1/船外活動-1)中にデカルトの着陸地で米国の国旗「星条旗」に敬礼している写真を公開し、NASAが2011年11月11日に「退役軍人の日(Veteran's Day 2011)」として敬意を表したと報告した。

空軍の退役軍人で、月着陸船パイロットであるチャールズM. デューク Jr.(Charles M. Duke Jr.)が、このアポロ16月面着陸ミッションの指揮者ジョン・ヤングが飛び跳ねて、宙に浮いて敬礼している写真を撮影した。

Image Credit: NASA, Charles M. Duke Jr.

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。