11月11日

米国の退役軍人の日(Veteran's Day)

毎年11月11日は、米国の「退役軍人の日(Veteran's Day)」である。

また、復員軍人の日とも呼ばれ、第一次世界大戦を終結させた、休戦条約の締結した日であり、ヨーロッパ諸国では、休戦記念日又はリメンバランス・デーとして、同じ日が祝日となっている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

第一次世界大戦のすべての主要な戦闘が、ドイツによる休戦協定への調印とともに1918年11月11日の11時に公式に終了し、1919年11月11日に、ウッドロウ・ウィルソン(Thomas Woodrow Wilson/1856 - 1924)大統領によって米国で初めて「復員軍人の日」が祝福され、30州が法定祝日の休日とした。

米国議会は1926年に、すべての米国人がその日を祝うよう決議し、1938年には全国的に法定祝日の休日とした。

NASAは2011年11月10日に、宇宙飛行士で、海兵隊退役軍人のジョン・ヤング(John Young)がアポロ16(Apollo 16)で最初のEVA-1(extravehicular activity-1/船外活動-1)中にデカルトの着陸地で米国の国旗「星条旗」に敬礼している写真を公開し、NASAが2011年11月11日に「退役軍人の日(Veteran's Day 2011)」として敬意を表したと報告した。

空軍の退役軍人で、月着陸船パイロットであるチャールズM. デューク Jr.(Charles M. Duke Jr.)が、このアポロ16月面着陸ミッションの指揮者ジョン・ヤングが飛び跳ねて、宙に浮いて敬礼している写真を撮影した。

Image Credit: NASA, Charles M. Duke Jr.

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告