gaYa広告

2011年11月09日

世界で「最も小さな化石」を3Dスキャン。

超過去美容と医学の科学

BBC Newsは、マンチェスター大学(University of Mancheste)でバルト海の琥珀(Baltic amber)をX線でスキャンしたと報告した。

科学者は、このスキャンされたものが「今までで最も小さな節足動物の化石」だと言うことを明らかにした。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

それはクモのような、5000万年前のダニの化石で、長い100万分の170mであった。

英国学士院の生物学レター(Royal Society's Biology Letters)で、水平な画像から3Dイメージを構築するCT(computed tomography/コンピューター断層撮影)を使用したと公表された。

A minute fossil phoretic mite recovered by phase-contrast X-ray computed tomography
1. Jason A. Dunlop1,*,
2. Stefan Wirth1,
3. David Penney2,
4. Andrew McNeil3,
5. Robert S. Bradley3,
6. Philip J. Withers3 and
7. Richard F. Preziosi2

+ Author Affiliations
1.Museum für Naturkunde, Leibniz Institute for Research on Evolution and Biodiversity, Humboldt University Berlin, 10115 Berlin, Germany
2.Faculty of Life Sciences, University of Manchester, Manchester M13 9PF, UK
3.Henry Moseley X-ray Imaging Facility, School of Materials, University of Manchester, Manchester M1 7HS, UK

1.*Author for correspondence (jason.dunlop@mfn-berlin.de).

Published online before print November 9, 2011, doi: 10.1098/rsbl.2011.0923 Biol. Lett.
* Received September 23, 2011.
* Accepted October 18, 2011.
* This journal is © 2011 The Royal Society

生物学者デービッド・ペネィー(Biologist Dr David Penney)博士は、化石が「非常に珍しい」と言っている。

バルト海(Baltic Sea)のまわりのエリアで、木の樹脂が化石化されたバルト海の琥珀(Baltic amber)は、その内に化石化された昆虫で、arachnidsおよび甲殻類の節足動物を含んでいた。

デービッド・ペネィー博士は、それはまるで「生きているように厳守で保存されていた。」と言っている。

このダニのサイズは、顕微鏡なしでかろうじて肉眼で見えることができた。

また、デービッド・ペネィー博士は、大学のFaculty of Life SciencesのチームがCTスキャンしなければ、それを識別することができなかっただろうと言っている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。