on-the-time.jp

2011年11月09日

世界で「最も小さな化石」を3Dスキャン。

超過去美容と医学の科学

BBC Newsは、マンチェスター大学(University of Mancheste)でバルト海の琥珀(Baltic amber)をX線でスキャンしたと報告した。

科学者は、このスキャンされたものが「今までで最も小さな節足動物の化石」だと言うことを明らかにした。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

それはクモのような、5000万年前のダニの化石で、長い100万分の170mであった。

英国学士院の生物学レター(Royal Society's Biology Letters)で、水平な画像から3Dイメージを構築するCT(computed tomography/コンピューター断層撮影)を使用したと公表された。

A minute fossil phoretic mite recovered by phase-contrast X-ray computed tomography
1. Jason A. Dunlop1,*,
2. Stefan Wirth1,
3. David Penney2,
4. Andrew McNeil3,
5. Robert S. Bradley3,
6. Philip J. Withers3 and
7. Richard F. Preziosi2

+ Author Affiliations
1.Museum für Naturkunde, Leibniz Institute for Research on Evolution and Biodiversity, Humboldt University Berlin, 10115 Berlin, Germany
2.Faculty of Life Sciences, University of Manchester, Manchester M13 9PF, UK
3.Henry Moseley X-ray Imaging Facility, School of Materials, University of Manchester, Manchester M1 7HS, UK

1.*Author for correspondence (jason.dunlop@mfn-berlin.de).

Published online before print November 9, 2011, doi: 10.1098/rsbl.2011.0923 Biol. Lett.
* Received September 23, 2011.
* Accepted October 18, 2011.
* This journal is © 2011 The Royal Society

生物学者デービッド・ペネィー(Biologist Dr David Penney)博士は、化石が「非常に珍しい」と言っている。

バルト海(Baltic Sea)のまわりのエリアで、木の樹脂が化石化されたバルト海の琥珀(Baltic amber)は、その内に化石化された昆虫で、arachnidsおよび甲殻類の節足動物を含んでいた。

デービッド・ペネィー博士は、それはまるで「生きているように厳守で保存されていた。」と言っている。

このダニのサイズは、顕微鏡なしでかろうじて肉眼で見えることができた。

また、デービッド・ペネィー博士は、大学のFaculty of Life SciencesのチームがCTスキャンしなければ、それを識別することができなかっただろうと言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。