11月15日

アメリカ・リサイクルの日

全国リサイクルする連合(National Recycling Coalition)によって1997年に始められた例年行事である「リサイクルの日(America Recycles Day)」である。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

開始当時は、原料を再使用し再利用する必要は、現在ほど緊急ではなかった。

人類は世界で70億人に達した。

また、アメリカは地球資源の不釣り合いなシェアの消費に責任を負っている。

世界の多くの地域では、再利用は必要によって行われている。

他のものでは、芸術家、政府およびビジネスは、材料を再使用する創造的で有用な方法を見つけた。
ペットボトルは、それ自体が美術品で、暖かい毛布あるいは燃料油のように再起すると感じるかもしれない。

そこで、The Atlanticは2011年11月09日に、世界中で行われている小さく、異様な、規模において産業として動いているさまざまなリサイクルを33枚の写真で紹介した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。