11-15

アメリカ・リサイクルの日

全国リサイクルする連合(National Recycling Coalition)によって1997年に始められた例年行事である「リサイクルの日(America Recycles Day)」である。

開始当時は、原料を再使用し再利用する必要は、現在ほど緊急ではなかった。

人類は世界で70億人に達した。

また、アメリカは地球資源の不釣り合いなシェアの消費に責任を負っている。

世界の多くの地域では、再利用は必要によって行われている。

他のものでは、芸術家、政府およびビジネスは、材料を再使用する創造的で有用な方法を見つけた。
ペットボトルは、それ自体が美術品で、暖かい毛布あるいは燃料油のように再起すると感じるかもしれない。

そこで、The Atlanticは2011年11月09日に、世界中で行われている小さく、異様な、規模において産業として動いているさまざまなリサイクルを33枚の写真で紹介した。