on-the-time.jp

11月15日

アメリカ・リサイクルの日

全国リサイクルする連合(National Recycling Coalition)によって1997年に始められた例年行事である「リサイクルの日(America Recycles Day)」である。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

開始当時は、原料を再使用し再利用する必要は、現在ほど緊急ではなかった。

人類は世界で70億人に達した。

また、アメリカは地球資源の不釣り合いなシェアの消費に責任を負っている。

世界の多くの地域では、再利用は必要によって行われている。

他のものでは、芸術家、政府およびビジネスは、材料を再使用する創造的で有用な方法を見つけた。
ペットボトルは、それ自体が美術品で、暖かい毛布あるいは燃料油のように再起すると感じるかもしれない。

そこで、The Atlanticは2011年11月09日に、世界中で行われている小さく、異様な、規模において産業として動いているさまざまなリサイクルを33枚の写真で紹介した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。