2011年11月15日

世界のリサイクル!

The Atlanticは2011年11月09日に、毎年11月15日は、全国リサイクルする連合(National Recycling Coalition)によって1997年に始められた例年行事である「リサイクルの日(America Recycles Day)」である。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

当時は、原料を再使用し再利用する必要は、現在ほど緊急ではなかった。

人類は世界で70億人に達した。

また、アメリカは地球資源の不釣り合いなシェアの消費に責任を負っている。

世界の多くの地域では、再利用は必要によって行われている。

他のものでは、芸術家、政府およびビジネスは、材料を再使用する創造的で有用な方法を見つけた。
ペットボトルは、それ自体が美術品で、暖かい毛布あるいは燃料油のように再起すると感じるかもしれない。

そこで、The Atlanticは世界中で行われている小さく、異様な、規模において産業として動いているさまざまなリサイクルを33枚の写真で紹介した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。