2011年11月09日

ナイジェリアの自然に優しい手作りペットボトルの家。

BBC Newsは、政府高官や政治的リーダーがナイジェリア北部においてポピュラーな円形の建築物の構造を見学に来ていると報告した。

ペットボトルには砂が泥と一緒に詰められ、煉瓦代わりにして並べられている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

家を見るために首都のカドゥナ(Kaduna)からやってきたトレーダーであるヌフ・ダンゴト(Nuhu Dangote)は、
「家がペットボトルから構築されたと聞いて、驚いたとともに、私は、自分のためにこの建物を見たかった。」
「全世界は来て、見るべきです。」と言っている。

ギリシャのビジネスマンおよび環境保護論者によって寄贈された土地に、25軒の家が建てられている。

家は、寝室、居間、バスルーム、トイレおよびキッチンを備え、それぞれ概算7,800本のペットボトルを使用している。

インド南部および、中央アメリカで9年前に始められたこの「ボトル・レンガ」技術は、従来の建築用レンガよりコスト効率が良く、環境にやさしい選択肢を供給する。

ナイジェリアの再生可能エネルギー開発協会(Nigeria's Development Association for Renewable Energies)のヤハヤ・アフマッド(Yahaya Ahmed)は、ボトルの家が、コンクリートで作った同様の家のレンガはコストが3分の1と推測している。

「ボトルの内部のぎっしり詰まった砂はレンガよりほぼ20倍強い。」
「私たちはさらに3階建ての建物を建造しているつもりです。」
「室温を低く維持することを支援して、砂が太陽の熱からそれらを隔離するので、ボトル家は理想的に熱いナイジェリアの気候に適しています。」と言っている。

「また、コンパクトな砂のためには防弾です。」
「さらに北のより多くの不安定な部分の別のアトラクションを証明するかもしれない。」とも言っている。

堅いコンクリートの基礎は、構造が堅く安定していることを保証するために置かれている。

また、砂はそれがコンパクトであることを確かめるためにふるいにかけられている。

ドリー・ウゴルチ(Dolly Ugorchi)は、
「石はボトルの口を通り抜けることができないし、良くないので、削除するためにふるいにかける必要があります。」と説明している。

南部都市ラゴスの石工であるムムニ・オラデル(Mumuni Oladele)は、
「私の恐れは、この建物方法が砂や鉛さえの需要を高め、砂の価格を増加させるであろうということです。」
「そのときは、人々は家を建てるために砂を捜し、人々は砂を得るためにどこでも掘ります。」
「砂の需要が構造ボトル家まで行く時、何が起こるか想像することができます。」
と言っている。

これらのペットボトルの家は、ホテル、レストラン、家および外国大使館から現在部品外注されている。

私の知人は、テイジンの研究室で、ペットボトルから繊維を開発した。

しかし、今回は化学的ではなく、単に物理的にペットボトルに砂を入れて煉瓦にしてしまった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告