2011年11月09日

カストロの娘vs世界的に有名なキューバのブロガーTwitter対決!

BBC Newsは、キューバの大統領ラウル・カストロ(Cuban President Raul Castro)の娘マリエラ・カストロ(Mariela Castro)がTwitterでデビューしたら、反体制の要求する言論の自由に直面したと報告した。

マリエラ・カストロは、キューバの性教育研究所の所長で、ゲイの権利のサポーターでもある。

インターネット・サイトを連結する時に、彼女はキューバの反体制ブロガーで、世界的に有名なヨアニ・サンチェス(Yoani Sanchez)によって挑戦された。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

サンチェスは、「多元論のTwitterに歓迎。」「ここでは、誰も私を黙らせることができず、私に旅行する許可を与えることを拒絶することもできません。」と書いた。

Twitter上に170,000人を超える追随者がいるインターネット活動家のヨアニ・サンチェスには、カストロのゲイの権利に対する耐性がキューバの生活で、なぜ他のエリアまで及ばないのか質問した。

「どのように単に1つのエリアの受理を求めることができますか。」
「私たち、キューバ人は、いつ他のクローゼットから出て来ることができますか。」と尋ねた。

カストロは、彼女が勉強する必要があったと彼女の批評家に伝えることにより答えた。

「寛容へのあなたの焦点は、古い力の構造を再生する。」彼女はぴいぴいとさえずった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。