2011-11-03

アップルは、iPhoneバッテリー問題を認めた。

Cellular-Newsは、アップルは、最新のiPhoneで起こっている貧弱な電池寿命に対するカスタマー苦情にとうとう応答して、オペレーティング・システムに関する問題に責任があることを認めたと報告した。

アップルは、数週間以内にiOS 5ソフトウェアのためのバグフィックスをリリースすると言っている。

[AD] You can advertise on this site.

iPhone 4sが登場して以来、貧弱な電池寿命の報告書があり、しかし、その問題がどのサービスが活発だったかに依存して変わるように見えるとともに、それらは明確にすることが難しかった。

いくつかの苦情は、相似検定を行なう他のユーザーは、いずれにしてもどんな問題も報告してこなかったが、電話がスタンバイ・モードで手をつけないでおかれた時でさえ、1時間で電話が電池寿命の15%も漏電していることを示唆した。

短いステートメントでアップルは、「少数のカスタマー」が予期された電池寿命より低いことを報告したと言った。

「私たちは、電池寿命に影響している少数のバグを見つけました。また、私たちは、数週間でそれらをアドレスするためにソフトウェア・アップデートをリリースするでしょう」と付け加えた。

大昔から、アップルが新しいことをしたら、半年は靜監視して、バグフィックスが完了してから購入すると言うのが常識だった。

ところが新商品の供給スケジュールが短くなり、混乱したまま提供し、ユーザーも混乱しながら対応して、完全になる前に次の製品に向かうようになってる。

まさに、携帯電話とパソコンの進化スピードの違いと言える。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.