gaYa広告

2011年11月03日

フェルミは最も若いミリ秒パルサーを発見!

NASAは、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡(Fermi Gamma-ray Space Telescope)を使用する科学者の国際的なチームは、これらの物体がどのようにして発生するか、既存の推測に挑戦する驚くほど強力なミリ秒パルサー(surprisingly powerful millisecond pulsar)を発見したと報告した。

同時に、別のチームは改善された分析技術を使用して、フェルミ・データで9つの新しいガンマ線パルサーの場所を特定した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

パルサーは、周期的な間隔で電磁エネルギーを放射する一種の中性子星である。

中性子星は天文学者が直接観察することができるブラックホールに最も近いものである。

都市に比べて少しも大きくない球が、球体より50万回大きく砕け、押しつぶす。
この問題は非常に圧縮されるので、小さじ1杯でさえエベレスト山と同じくらいの量になる。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California Santa Cruz)のサンタクルーズ研究室粒子物理学研究所の天文物理学者(astrophysicist at the Santa Cruz Institute for Particle Physics)で、発見物の詳述した2つの論文の共同執筆者パブロ・サズ・パーキンソン(Pablo Saz Parkinson)は、
「フェルミの2008年の打ち上げられる前に、7つだけがガンマ線を放射すると知られていたパルサーが、この新しいバッチで、フェルミが今、100以上を検知したことは、刺激的なマイルストーンである。」と言っている。

その中でパルサーの1つのグループは、極端な回転と信じられない密度を組み合わせている。

これらのいわゆるミリ秒パルサーの中で最も速いものは43,000毎分回転数で回転している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。