2011年10月25日

インターネット上の自動車販売で、スマートフォンの使用増加。

Cellular-Newsは、J.D. Power and Associatesからの情報によると、決して安い買い物ではないインターネットの自動車販売情報アクセスに、にスマートフォンを使用する人の割合が、2010年からの40%以上増加していると報告した。

2011年には、スマートフォン・インターネット利用者の24%が、スマートフォンで自動車関連Webサイトを訪れた。
それに比べて、2010年には平均17%であった。

スマートフォン上の自動関連Webサイト訪問で41%トの増加は、大きな話題になっている2010年から27%の成長であったギャンブル、あるいは17%の成長であったソーシャルメディアのような他のタイプのコンテンツよりもはるかに大きい。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

J.D.パワーの自動関連研究管理者であるアリアニー・ウォーカー(Arianne Walker)は、
「買い物をするプロセスの間にインターネットを訪れるためにスマートフォンを使用する自動車購入客の割合が、まだ、比較的小さいが、自動車関連の販売業者がモバイル・サイトおよびアプリケーションを設計する必要がある方法を形作る次の数年にそれが成長し続けると予想される。」と言っている。

つまり、マーケットに対応したサービスがまだ確立されていないが、それを整備したものが勝利する可能性が大きくなっている。

自動車購入客で増加中のスマートフォン使用法として、それらの使用形態は発展し続けいる。

スマートフォンの特徴で、音声の使用は、appダウンロードで生じて、ビデオ・コンテンツを見る最大の増加につれて、2010年からの自動車購入客の間で増加した。

男性の買物客の30%はそれらのスマートフォン上で自動車関連のWebサイトを訪れているが、女性は18%だけであった。

さらに、男性は、自動車関連の情報にアクセスするとき、タブレット・デバイスを使用する可能性が女性より、22%対16%で多かった。

スマートフォンからモバイル自動車関連サイトにアクセスする自動車購入客は、家庭、あるいは他の場所よりディーラーで彼らの買い物をする活動を導く可能性があると考えられる。

買い物をするプロセスで、彼らのスマートフォンを使用する自動車購入客で30%は、さらに、それらがタブレットを所有すると言った。

これらの買物客の60%以上は、自動車関連情報にアクセスするためにタブレットを使用したことを示した。

40歳未満の買物客は、スマートフォンを自動車に使用する可能性があり、40歳以上の買物客と比較すると26%対21%であった。

自動車用家計収入およびスマートフォン使用法の間に関係があまり見られなかったが、タブレット使用法および自動車販売店で強い関係があった。

より高い収入を備えた世帯ほど、タブレット装置を使用する可能性が高かった。

自動車購入客の2分の1(59%)は、製品またはサービスのためにQRコードかバーコードを走査して、使用した。

これは、もしかするとカーナビやマップ・サービスが関係しているかもしれない。

この調査は2011年8月に行われた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。