2011年10月25日

南アフリカの大統領ジェイコブ・ズマはトップ大臣を解雇!

BBC Newsは、南アフリカの大統領ジェイコブ・ズマ(South Africa's President Jacob Zuma)が裏取引スキャンダルに巻き込まれた2人の政府大臣を解雇したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

大統領ジェイコブ・ズマは、無許可の支出で非難された大臣シセロ・シセカ(Sicelo Shiceka)と不法の不動産取引に巻き込まれた公共事業大臣グウェン・マラング=ニカビンデ(Public Works Minister Gwen Mahlangu-Nkabinde)を解雇する。

ジェイコブ・ズマ大統領はさらに、グウェン・マラング=ニカビンデの取引に関係して警察署長ベーキ・セレ(Bheki Cele)を保留にした。

3人は、不法なことは何もしていないと主張している。

政府高官に対する苦情を調査するために任命された南アフリカのオンブズマンは、それらに対して行動するように大統領ジェイコブ・ズマに要求した。

検察官として南アフリカで知られているオンブズマンのトゥーリ・マドンセラ(Thuli Madonsela)は、無許可の高級旅行および宿賃にシセロ・シセカがUS$68,000(£42,000)以上の政府資金を費やしたことを知った。

これには、麻薬密輸の罪により、スイスで投獄されたガールフレンドへの訪問を含んでいた。

先月公表された報告書でトゥーリ・マドンセラは、セロ・シセカの行動が「公金に関する、不法で構成された不手際および不正を直すことである。」と言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告