2011-10-18

アップルは、4,000万台以上のiPads販売した。

MacObserverは、ジェフ・ガメット(Jeff Gamet )からの情報として、最初に始められたアップルのiPadの販売から、すでに4000万台を販売し、売れ行きが落ちる傾向が全くないと言ってる。

CEOのティム・クック(Tim Cook)は2011年10月18日火曜の午後、会社の第4四半期会計収益報告の間にその数を報告した。

ティム・クックは、アップルがタブレット市場が大きいだろうと期待したと言い、「それは私たちが考えたよりさらに素晴らしかった。」と言っている。

「アップルは4,000万台以上のiPadsを売りります。」と言って、すぐ後に「私たちは、累積ベースで4,000万のiPadsを今売りました。」と彼が付け加えた。

これではアンドロイド・タブレット・メーカーは苦しいだろう。
追い上げてきたら、値下げすると、ほとんどのタブレット・メーカーは自滅する。

「タブレット市場がPC市場より大きいことは、私にはかなり明らかです。それはガイダンス数(として、単に私が信じるものだけではありません。」

アップルはさらにiPhoneが2007年に最初に導入されてから、約2億5000万のiOSデバイスを売ったことを報告した。

第4四半期会計収益報告だけで、iPhoneは1707万ユニット、iPadsが1112万ユニット、iPodが662万を販売した。

The Mac、iPhone、iPadのメーカーは、US$282億7000万の収入で、US$66億2000万の利益を生み出し、再度記録を破ったと報告した。

昨年の同じ第4四半期から、今年の第4四半期では全体で36.9%上昇し、利益は40.3%上昇した。

Related Dates