2011-10-18

アイルランドのTVスター司会者の給料、30%カット!

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」はIrish Independentからの情報として、アイルランドの国立公共TV「RTE」の稼ぎ頭であったスターの減給を受理するに違いないと言ったと報告した。

ノエル・クーラン長官(Director general Noel Curran)は、2008年の給料に基づいて、2013年までにそれらが全面的な30%の賃金カットをとるに違いないと言った。

彼は、パット・ケニー(Pat Kenny)、ライアン・ツブリディ(Ryan Tubridy)、ジョー・ダフィー(Joe Duffy)およびマリアン・フィヌカーン(Marian Finucane)のような何人かのスター司会者は、それでも良いと認めたと報告した。

認めなければ解雇だろう。
喉元にナイフを突きつけ、値下げ交渉しているようなものだろう。

しかし、RTEの経済問題が非常に重大だったので、彼らが払う覚悟をしていたと言っている。

年間250,000ユーロを得るノエル・クーラン長官は、「再交渉のプロセス」中に、キャスターが何人かに競争者へ「タレント性があり、愛されていた司会者でも」失ってもよいと言った。

英国のBBCと異なり、RTEは会者の支払い割合に関してより透明であったと言っている。

Curranのカットの条件の下では、最も高い稼ぎ手パット・ケニーが、彼の給料を950,976ユーロら665,683ユーロまで落ちると言っている。

BBCは個々の給料を明らかにしないが、19人が£500,000から£5000,000を得ていることを認めた。

そろそろ、世界中のテレビ局で、高額所得者のカットが始まる。

出演者の賃金が高く、世界中でどんどん番組内容が薄っぺらくなっている。

テレビ局が高額取りの集積場の時代は終わろうとしている。