2011-10-18

アンドロイド・タブレットと比較して、アップルiPad価格プレミアムの量。

Cellular-Newsは、コンピューティングの隙間を突いて、最初のiPadで2010年に作成され、恐らくアップルはタブレット市場を支配し続ける。

そのパラドックスは、最初のiPadのベース・モデルでUS$499でデビューして以来、アップルは、新規参入者に対する価格スペースで、優位性を維持した。

iGRからの新しい報告書によれば、有望なタブレット・スペースの中への参加者は販売で、同じレベルの生成で見込みがあるために、アップルiPad 2よりはるかに少ないUS$499でタブレットに値をつける必要がある。

iGRの副社長マット・バルタベリアン(Matt Vartabedian)は、
「私たちの進行中の調査結果はかなり明らかで一貫しています。」
「回答者の大部分、iPadに単に興味を持っている。また、別のOEMのタブレットを買うようにそれらに説得することは、US$100以上に割引をよくことが必要とするでしょう。」と言っている。

現在まで始められた、ほとんどすべての競合するタブレットは、それはつまり、画面サイズ、処理能力、電池寿命、重量など、アップルiPadに対して同様の仕様書を持つには、iPad以上のコストになる。

よい1つの例は、オリジナルのモトローラのXoom、オリジナルのSamsung Galaxy Tab 7インチ、あるいはHTC Flyerのようなさらに小さなタブレットが、iPad以上のコストになる。

また、ハニカムに基づいたタブレットの行進が継続するように、様々なエーサー(Asus、東芝、ソニー、レノボのようなOEMは、US$499の物価水準に達するために仕様書または流通モデルの中である種の妥協を作った。

つまり、売れているから大量に安値で作り、追従者は利益を削っても高く付いてしまう。

アップル以外は、このパラドックスを解決できるのか?

解決できないと、負け続けることになる。
挑戦しても、徒労になる。
つまり10,000個と10個を同じ価格では作れない。

これを「Apple iPad Price Premium」と呼んでいる。

さらに、サプライ・サービスの充実もその格差を広げている。