2011-10-18

アップルは、HTC特許を侵害しなかったと、米国裁判官が判断!

Cellular-Newsは、米国のITC(International Trade Commission国際貿易委員会)のALJ(Administrative Law Judge/行政法判事)が、アップルはHTCの特許のうちの4つを侵害していないことを知った後、HTCはアップルとの特許の戦い中にで、潜在的に重要な戦いに負けたと報告した。

最終的な決定は完全な委員会の承認を得なければならない。
しかし、彼らが法判事の評決を覆すことは珍しいと言っている。

HTCは、送受話器メーカーの間で進行中のしっぺ返し特許戦争の一部として、米国にアップルの輸入禁止を求めて、2010年に、ITCへ不満を提出した。

そのとき、データを保護、窓口案内の格納電話の電源の管理と関係するHTCによって保持された4つの特許を含んでいた。

委員会からの最終決定は次の2月予定されている。

2011年の初めにHTCは、アップルによる2つの他の特許上の同様のクレームを失っており、クロスライセンス取り引きの上で解決するようにアップルを圧迫するそのケースでの肯定的な評決に依存していた。

しかし、これでロスライセンス取り引きは不可能になった。

「battle lost」は、非常に悲惨な結果になる可能性がある。

今回は、どのような結果が待っているのか?!