2011-10-18

ムーディーズは、スペインの国債の格付けを格下げ!

BBC Newsは、各付け機関のムーディーズ(Moody's)がスタンダート&プアーズ(Standard & Poor)の2日後に、同じ決定をして、国債の格付けをAa2からA1へと格下げたと報告した。

ムーディーズは、ユーロ圏累積債務危機へ確実な解決が行われなかったので、格付けをカットしたと言っている。

さらにそれが国のためのその成長予測を元の通り縮小したことで、お金を借りたいスペインの銀行が面した累積債務危機と障害を意味したと言った。

ムーディーズは声明で、「ムーディーズは、ユーロ圏危機の可能性の一層の段階的拡大から、下値不安を反映するためにスペインの格付けに関する否定の見解を維持しています。」と言った。

2011年11月20日の選挙で、赤字を縮小する法案を継続すした後に出現する新政府もそれをできそうもないと判明すれば、スペインをさらに格下げするだろうと付け加えた。

その日の始めに、ムーディは、フランスのAAAの格付けに関するその見解を変更することを考慮していたと警告した。

その発言で、それはヨーロッパ市場を打った。

ギリシャの次は、スペインかとも言われてきたが---