2011-10-18

中国産蜂蜜、2割が偽。偽蜂蜜は年間8万トン生産!

中国のFoodmate(食品伙伴网)はx、新華社河南频道(河南チャンネル)の記者张兴军(張興軍)の報告によると、1本のミニブログで明らかになった情報から取材したところ、 今まで、養蜂して蜂蜜を採取する「幸せな事業」と見なされてきたが、偽蜂蜜(假蜂蜜)は年間8万トン生産され、業界の管理監督を試していると報告した。

河南のある品会社のマネージャーが新浪のミニブログでは、さらにその情報はもの凄く、全国の蜂蜜の生産高は18万トンで、毎年8.2万トン輸出し、税関の記録では、これまで蜂蜜を輸入していない。

しかし全国で蜂蜜の年間50万トンを販売し、その40万トンの中身は白砂糖の加工製品であって、偽の蜂蜜を飲んだことになると言っている。

偽蜂蜜の横飛の市場で、「百花」などのブランドの蜂蜜は、米のシロップをくわえていた。

現在、蜂蜜の市場の情況はまったく楽観を許さない状況になっている。
蜂蜜産業は、20年に渡って偽の蜂蜜を作ってきたことから、市場には偽の蜂蜜が氾濫していると報告した。

本物は少なく、卸売市場の中で大体において本当の蜂蜜が売買されているが、スーパーマーケットの中では70%が偽の蜂蜜が売られていると報告した。

専売店は偽の蜂蜜を売ることは少なく、圧倒的に本物の蜂蜜を売っているが、品質に大きな差があると言っている。

2011年10月20日に、GB14963-2011「食の安全の国家基準/蜂蜜」が新しい国家基準として正式に実施された。

新しい国家基準は偽の蜂蜜を抑制することを目指していると報告している。

これまでの国家基準は2005年に施行されたが、まったく効力がなかったと言っている。

なにしろ、18万トンしか作っていないで、毎年8.2万トン輸出しているので、残りは9.8万トンにもかかわらず、市場には50万トンが販売されている。

とんでもないことになっている。

中国には偽の蜂蜜、偽の卵、偽の豆腐が氾濫している。

中には懇切丁寧に偽に蜂蜜作り方まで解説している。

昔、日本でも安い酒を海外から輸入し、横浜で陸揚げされて、貨車である場所に送られ、帰ってくるとキャラメルが加えられて、瓶詰めされ、ラベルが貼られてウィスキーとして売られていたと聞いたことがあり、びっくりした。

それが今も中国で行われていた。