2011-10-18

世界中のマラリア死は最近の十年間で、20%以上減った。

美容と医学の科学

BBC Newsは、WHO(orld Health Organization/世界保健機構)が、過去十年間で世界中のマラリアからの死者の数は20%以上減ったという新しい報告書を公開した。

新しい報告書では、マラリアが固有だった108カ国の3分の1が10年以内にその病気を根絶するためにコース上にあると述べた。

専門家は、目標が満たされ続けたかどうかについて、2015年までにさらなる300万命を救うことができるかもしれないと言った。

地球上で、マラリアはとくに、アフリカで最も致命的な疾病のうちの1つである。

2009年には、781,000人がマラリアで死亡した。

蚊が媒介する病気は、サハラ以南のアフリカの死で、85%に達し、それらのうちのほとんどが5歳以下の子どもの中でとても流行している。

この初期の報告書では、不正確だが死の40%が低下したことを示した。

2007年以来、モロッコ、トルクメニスタンおよびアルメニアの3カ国は根絶された。

ロールバック・マラリア・パートナーシップ(The Roll Back Malaria Partnership)は、WHOの欧州地域全体を含めて、2015年の終わりまでにもう8〜10か国でマラリアを除去することを目標としている。

WHOのグローバルなマラリア・プログラムの管理者ロバート・ニューマン(Robert Newman)は、「著しい進歩」が得られたと言った。

シアトルで開催された国際マラリア・フォーラム会議(international Malaria Forum conference in Seattle)で彼は、

「よりよい診断試験および監視は、私たちが地上のどこにいるか、より明瞭な写真を提供しました。
そして、国々が世界のすべて、固有の地方のマラリアを除去していることを示しました。」
「私たちは、今日のツールを備えた命を救うことができることを知っています。」と言っている。

1955年にWHOによって始められたグローバルなマラリア根絶キャンペーンは、16カ国および領域の疾病の除去に成功した。

20年間未満後にWHOは、マラリア予防対策のそれほど大胆でないゴールに代わることに専念することを決定した。

Related Dates