2011-10-18

チベットの尼僧、中国の僧院近くで自らに火を付けて死亡した。

BBC Newsは、同様の抗議により火を付けて自殺する事件がここ数ヶ月で9件目であり、中国西部の反抗的な僧院の近くで自分で火をつけたと、報告書が述べている。

チベットの自由グループ(The Free Tibet group)は、20歳の尼テンジン・ワングモ(丹增旺姆/Tenzin Wangmo)が月曜日に四川省のアバ郡(Sichuan province's Aba county)で焼身自殺したと言った。

RFA(Radio Free Asia)は、彼女は自分で火をつける前に、チベットの自由のためにと叫んだだと言っている。

四川省のチベット人のエリアにあるKirti僧院(Kirti monastery)からの7人の僧は、最近の数か月に自身に火を付けた。

8番めの僧は四川省の別の場所で自分に火を付けた。

中国は、それ以来、自己犠牲を助けために告訴された3人の僧を投獄しており、アバの町で激しいセキュリティを維持している。

報告書は、正午過ぎに若い尼が自らの火を付けたと書いている。

アバの居住者はRFAに、「尼は彼女の体に火を付けることにより自殺しました。」
「しかし、彼女は、チベットの自由を要求した後に、ダライ・ラマの帰国を望んで死にました。」と伝えた。

チベットの追放コミュニティーは水曜日に、自身に火を付けた人々のための祈願式を執り行う予定にしている。

チベット・ディレクターであるステファニー・ブリグデン(Stephanie Brigden)は、チベットの不安が「大きく、広がっていた。」と言った。

彼女は、「自己犠牲の行為は分離して起こっていません。抗議は周囲の地域で報告されました。
また、より広い抗議の要請は成長しています。」と言っている。

チベットの自由グループは、さらに2人のチベット人が2011年10月16日に四川省の別の部分で警察署の外側での抗議で中国の軍隊によって撃たれると報告した。

なぜ、彼らが撃たれたかは明らかになっていない。
報告書も確認できていないと報告している。

中国の外務省スポークスマンのLiu Weiminは、尼の事例に関する情報を持っていないと記者会見で伝えた。

彼は、「私たちは、生命を害し、促進することが不道徳であると信じます。」と言っている。

そう言えば、第2次世界大戦から数年して、若い大学生が多く日本で自殺した。

不思議な現象であった。

四川省のアバ郡(Sichuan province's Aba county)のGoogle Earthポインター情報
31°53'55.54"N,102°13'28.75"E
または、
31.898761, 102.224653

Related Dates