2011-10-18

北朝鮮は、朝鮮戦争での米国の遺品について会談する!

BBC Newsは、北朝鮮と米国は、6年の停止の後に、朝鮮戦争中に殺された米軍の遺品を回復する努力の再開について会談を行っていると報告した。

この問題についての協力は、平壌の核野心をめぐる高まる緊張の中で、2005年に止まった。

しかし、北朝鮮は、先月、会談を再開するだろうと言った。
また、北朝鮮職員は今、タイの首都バンコクで会合している。

月曜日に、韓国の聯合ニュースは、北朝鮮の核プログラムの終了に関する頓挫した国際的な会談を復活させることについて議論するために、来週、ジュネーブで米国および北朝鮮の折衝者が会うだろうと報告した。

両側は続いて、韓国、日本、ロシアおよび中国を含んだ6カ国会談の再開について議論するためにニューヨークで2011年7月に会った。

ちょうど平壌が2回目の核実験を実行する前のは2009年4月に、会談決裂した。

ペンタゴン・ステートメントは、行方不明者の問題にのみそれらが注目するだろうと言った。

ステートメントは、「戦闘中行方不明のアメリカ人の説明は、スタンド・アロンの人道主義の問題で、2カ国間の他の問題には結び付けられなかった。」と言っている。

米国の若者は、いたるところで行方不明になり、また戦死して帰国していない。

米兵の知人が、遺体でも良いから米国に帰りたいと言っていた。