2011年10月13日

中国国家統計局、中国企業景気指数を発表。

新華社は2011年10月14日に、中国国家統計局(中华人民共和国国家统计局)が2011年10月13日に、2011年第3四半期(7-9月)の「中国企業景気指数(中国企业景气指数)」を発表したと報告した。

中国国家統計局によると、第3四半期の「中国企業景気指数」は第2四半期(4-6月)より2.2ポイント低下して133.4となり、「企業家信頼感指数(企业家信心指数)」は第2四半期より3.0ポイント低下して129.4だった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

全国企業景気調査の結果(全国企业景气调查结果)、「中国企業景気指数」は8四半期連続で130~138の「景気」域にとどまった。
第3四半期、調査企業の9割は、現在の生産経営状況を第2四半期以上または第2四半期並みだとみている。

業界別企業景気指数をみると、不動産業は2009年第3四半期以降、初めて120を割り込み、3四半期連続で前四半期よりも前年同期よりも下降した。
受発信・コンピュータサービスとソフトウエア業は、産業最高水準を維持し、宿泊・外食産業は史上最高を記録した。

「企業家信頼感指数」は、6四半期連続で130以上を維持していたが、第3四半期で初めて130以下に転落した。
企業家の信頼感が薄くなった産業が多くを占めた。

また、「企業家信頼感指数で」は、不動産業が6四半期連続で産業最低水準にとどまり、第3四半期は「基準」の100を下回り99.9となり、前四半期より7.6ポイント低下した。
他産業より不動産業の企業家信頼感はより薄いものとなっている。

「企業景気指数」と「企業家信頼感指数」は、国家統計局が全国の2万社近くの企業を対象に調べ作成している。
「企業景気指数」は、企業の生産経営現状を示し、「企業家信頼感指数」はマクロ経済に対する企業家の観測と信頼感を示すもので、ともに「基準」値を100としている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。