on-the-time.jp

2011年10月11日

元モトローラのCEOで会長のロバート・ガルビンが死去した。

人物

Cellular-Newsは2011年10月13日に、モトローラ(Motorola)社の前任会長でCEOであった、ロバート(「ボブ」)ガルビン(Robert ("Bob") Galvin/1922 - 2011)が89歳で2011年10月11日に死去したと、彼の家族が発表したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ロバート・ガルビンは、モトローラ創立者で彼の父親ポールV.ガルビン(Paul V. Galvin)の死に際して、1959年にモトローラのCEOとして最高位職を引き継いだ。

会社をグローバルな電子工業大手に変え、1990年代の終わりには、携帯電話市場のノキアへの先導競争者にした。

彼が1990年に会長を辞職した時、会社はUS$2億9000万の売上げ高の会社からUS$108億Uの販売を備えた会社へ変わっていた。

ロバート・ガルビンは2001年に重役会から退却した。

ロバート・ガルビンの元で、モトローラ社は1971年にワシントンDCで最初のプロトタイプ携帯電話デモンストレーション・システムを設置した。

1973年に、最初のポータブル携帯電話プロトタイプ「DynaTAC」を発表した。
1983年にはシカゴで、アメリテック(Ameritech)によってDynaTACの上で作られた最初の商用携帯電話呼び出しを可能にした。

また、そのとき導入された1989年のMicroTACは、産業で最初のコンパクトな携帯電話であった。

1996年に、ガルビンがモトローラの委員会の委員を最後に務め、最初のポケットサイズの「折りたたみ型電話機」「StarTAC」を製造した。

当時は、すべてが画期的だった。
それは、今のiPhoneやiPadより凄かった。

しかし、ちょうどモトローラがその歴史で最も重要な好転を完成していたとともに、モトローラの役員会は2003年に、彼の息子で第3代ガルビンのCEOクリストファー(Christopher)を締め出すことに決めた時、ガルビンは失望した。

ロバート・ガルビンは、彼の息子クリス(Chris)とミヒャエル(Michael)に協力して、不動産、防御サービスおよび先端技術に注目しました投資管理会社Harrison Street Capitalを設立した。

モトローラはその後、 Motorola MobilityとMotorola Solutionsの2社に分割した。

Motorola Mobilityはもうすぐ、Googleに飲み込まれることになっている。

モトローラの最大の失敗は、イリジウム衛星電話の開発であった。

Moco Newsは2008年12月05日に、あらゆることがモトローラ(Motorola)社のためにますます悪化し続けていると報告し、くず企業に格付けされたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。