gaYa広告

2011年10月11日

元モトローラのCEOで会長のロバート・ガルビンが死去した。

人物

Cellular-Newsは2011年10月13日に、モトローラ(Motorola)社の前任会長でCEOであった、ロバート(「ボブ」)ガルビン(Robert ("Bob") Galvin/1922 - 2011)が89歳で2011年10月11日に死去したと、彼の家族が発表したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ロバート・ガルビンは、モトローラ創立者で彼の父親ポールV.ガルビン(Paul V. Galvin)の死に際して、1959年にモトローラのCEOとして最高位職を引き継いだ。

会社をグローバルな電子工業大手に変え、1990年代の終わりには、携帯電話市場のノキアへの先導競争者にした。

彼が1990年に会長を辞職した時、会社はUS$2億9000万の売上げ高の会社からUS$108億Uの販売を備えた会社へ変わっていた。

ロバート・ガルビンは2001年に重役会から退却した。

ロバート・ガルビンの元で、モトローラ社は1971年にワシントンDCで最初のプロトタイプ携帯電話デモンストレーション・システムを設置した。

1973年に、最初のポータブル携帯電話プロトタイプ「DynaTAC」を発表した。
1983年にはシカゴで、アメリテック(Ameritech)によってDynaTACの上で作られた最初の商用携帯電話呼び出しを可能にした。

また、そのとき導入された1989年のMicroTACは、産業で最初のコンパクトな携帯電話であった。

1996年に、ガルビンがモトローラの委員会の委員を最後に務め、最初のポケットサイズの「折りたたみ型電話機」「StarTAC」を製造した。

当時は、すべてが画期的だった。
それは、今のiPhoneやiPadより凄かった。

しかし、ちょうどモトローラがその歴史で最も重要な好転を完成していたとともに、モトローラの役員会は2003年に、彼の息子で第3代ガルビンのCEOクリストファー(Christopher)を締め出すことに決めた時、ガルビンは失望した。

ロバート・ガルビンは、彼の息子クリス(Chris)とミヒャエル(Michael)に協力して、不動産、防御サービスおよび先端技術に注目しました投資管理会社Harrison Street Capitalを設立した。

モトローラはその後、 Motorola MobilityとMotorola Solutionsの2社に分割した。

Motorola Mobilityはもうすぐ、Googleに飲み込まれることになっている。

モトローラの最大の失敗は、イリジウム衛星電話の開発であった。

Moco Newsは2008年12月05日に、あらゆることがモトローラ(Motorola)社のためにますます悪化し続けていると報告し、くず企業に格付けされたと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。