on-the-time.jp

2011-10-11

イギリスは、ARPUを5%押し上げるため、「Dynamic PrePay Pricing」を開始。

Cellular-Newsは、イギリスは「Intelligent Pricing(インテリジェンスな価格)」と呼ばれる発展したインテリジェンスに基づいた携帯電話利用者が前納する動的な料金を課すシステム「Dynamic PrePay Pricing」を始めたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

このシステムは、その日を通じて異なる時に携帯電話利用者の異なるグループのために、価格弾性値を計算する。

その後、この情報は、動的な料金を生成するためにキャパシティーと要求の有効性データおよび多くの他の要因と共に使用される。

これは、ダイナミックに変化して、料金は無線通信によって送受話器に届け出られる。

この結果が、システムを伸ばしたネットワークの中で5%〜14%の間でARPU(Average Revenue Per User/加入者一人あたりの月間売上高)を押し上げると主張している。

発展したインテリジェンスに基づいた売買するヘッドであるロビン・バートン(Robin Burton)は、「インテリジェントな価格決定方式は、料金の変更に対する加入者反応を観察します。その後、それは、全面的な収入が最大限にされる小売り市場価格を計算します。特異な携帯電話および特定の時間セグメントへのマイクロをターゲットとする価の方法は、ARPU増加を最大限にします。これまでインプリメントされたシステムでARPUは、5%〜14%の間で実際に改善しました。」と言っている。

価格弾性値カーブにかかる料金の最適化に加えて、多くの要因だけ観察されたARPU増加が可能になると言っている。

ロビン・バートンは、「インテリジェンスな価格の適用は、SIM交換を縮小する傾向があります。料金が非常に頻繁に変わるので、それらが別のネットワークを使用する方がよいかどうか伝えることは加入者にとって難しい。これは、ビジネスが競争するネットワークから勝ち取られることを意味します。さらに、インテリジェントな価格が加入者からのスキームで呼び出しおよびテキストの数を押し上げるので、さらに、それはスキームの外側の加入者からのリターン・コールおよびテキストの数を増加させます。
また料金もキャパシティー有効性に基づくので、インテリジェントで、さらにピーク時で要求を縮小する形のトラフィックに値をつけることになり、これは、ネットワークに対する交通圧力を下げて、それによって、経験の質を改善し、改良上の消費の必要を遅らせます。」と言っている。

インテリジェンスな価格は、プラットフォームを前納するために、どんな変更も必要としないで接続できる。

これで利用者側は、その請求が正当かどうか確認できるのだろうか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE