AD SPACE

2011-10-11

ドイツ政府関係者はドイツ市民にスパイウェアの使用を認めた。

MSNBCは、どイツで噴出した政府監視ソフトウェア・スキャンダルは、政府高官が市民のモニターにスパイウェアをどれくらい遠くに通り抜けてもよいかに関する問題を提起して、その国家の国境を越えて広がった。

2011年10月08日土曜日に、MSNBC.com上で報告されるように、ドイツの草分け的ハッカー・グループ「CCC(Chaos Computer Club/カオス・コンピュータークラブ)」が申し立てたように、政府高官によって、極秘にインターネット上で市民の旅行、電子メール、雑談、その他に対してスパイ行為をするためにトロイの木馬プログラムの使用を検討したと発表した。

[AD] You can advertise on this site.

もとは単に職員が合法的な電話盗聴器を通じてインターネット通話を遮るのを助けると意図したソフトウェアは、それらの許容可能な目的を越えたと、「CCC」によって主張された。

「CCC」は、政府の合法外なソフトウェアの使用を呼び、それが直ちに破壊されることを要求した。

シュピーゲル(Der Spiegel)のオンライン版によれば、緑の党の共同リーダーであるクローディア・ロス(Claudia Roth)は、「明白に、連邦憲法裁判所によって設定された範囲が、重く破られました。」と言っている。

司法大臣のザビーネ・ロイトイザー-シュナーレンベルガー(Justice Minister Sabine Leutheusser-Schnarrenberger)は、事件の詳細調査を要求した。

これまでのところ、バイエルン州を含むドイツで4つの州がプログラムを使用したと言った。

政府が開発したトロイの木馬で、国民を監視すると言う時代になった。
プライバシー法は。風前の灯火になった。

政府がそこまで攻めて来るのであれば、国民は独自に防御し、同時に攻めなくてはならなくなる。
つまり、サイバー戦争も攻撃こそ最大の防御である。

そんな世界を政府は望んでいるというのだろうか?

全国民と政府が戦争すれば、国民は勝てる!

そんな不利な戦争を政府が望んでいるのだろうか?

そろそろ政府も、このような世界で、勝ち目がないことを自覚すべき時代と言える。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.