AD SPACE

2011-10-11

スティーブ・ジョブス死亡診断書をリリース。

美容と医学の科学

MacObserverは、ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)が「Santa Clara Releases Steve Jobs Death Certificate」を公開し、サンタクララ・カウンティー保健所(Santa Clara County Public Health Department)が、アップル共同創立者スティーブ・ジョブス(Apple co-founder Steve Jobs)のための死亡診断書(death certificate)として、膵臓腫瘍によって引き起こされた呼吸停止(respiratory arrest caused by a pancreatic tumor)として彼の死因のリストをリリースしたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

彼の死亡時刻をドキュメントは後日10月5日3PMとして、アップルが新しいiPhone 4Sを発表した翌日であったことを明らかにした。

ブルームバーグ(Bloomberg)によれば、彼はパロアルトの自宅で他界し、2011年10月7日にサンタクララの特定宗派に限られない墓地に埋葬された。

アップルは、スティーブ・ジョブスが他界して、この前の水曜日に元CEOに対する特別の賛辞を備えた会社Webサイトを更新したと発表した。

その内容は、「Apple has lost a visionary and creative genius, and the world has lost an amazing human being. Those of us who have been fortunate enough to know and work with Steve have lost a dear friend and an inspiring mentor. Steve leaves behind a company that only he could have built, and his spirit will forever be the foundation of Apple.」であった。

アップルは、2011年10月19日(水)に会社従業員のため、スティーブ・ジョブス個人の生活について祝賀をホストすることを計画している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.