gaYa広告

2011年10月13日

イギリスの個人住宅賃貸料が高騰し、妥当ではなくなっている。

BBC Newsは、個人の賃貸料は今、イギリスの地方自治体の55%で手頃ではないと住宅チャリティー「シェルター(Shelter)」は言っていると報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

これらのエリアの家は、中央の平均のローカルの手取り給料の35%以上かかっている。
「シェルター」のプライベートな賃貸料監視報告書によって、手頃でないと考えられるレベルに達している。

チャリティーは、賃貸料を払うために食物を買うことを、私的に賃貸しされる子どもがいる家族で、38%が削減したと言った。

住宅大臣グラント・シャープス(Housing Minister Grant Shapps)は、
「それは賃貸料および縮小された選択を押し上げていた。」
それが官僚的形式主義を抑制したと言った。

保護の研究で、賃貸料が2007までの10年間で収入の割合の1.5倍まで上昇したことが分かった。

それは、イギリスの地方自治体で8%の個人の賃貸料が「非常に手頃ではなかった」と言い、平均賃貸料で常勤の手取り給料の少なくとも半分を要する。

そのエリアの12%だけが手頃だったとそれは付け加えた。

イギリスの場合、貸部屋は結構空いているが、高くて借り手が居ないと言うことが、これまでにも多く起こっていた。

そう言えば、イギリスで。「貸部屋あり」と言うのを英語で「TO LET」と表記されるが、最初にイギリスに行ったとき、やたらに「TO LET」と言う看板が目立ち、私は「TOILET」と間違え、イギリス人の友人に、ロンドンにはトイレが多すぎると言うと、大笑いになった。

そこで「TOILET」から「I(愛/LOVE)」が消えた、つまり失恋して新しい部屋がいるんだと、日本語の解説を加えたら、運転していた友人がもう少しで事故をしそうであった。

英語と日本語をごちゃ混ぜにすると、実に不思議なことになる。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。