on-the-time.jp

2011-10-11

ダ・ヴィンチは、著作権侵害で訴えることができるか?

NEWSgristは、Techdirtから「Copyright Fraud Meets Salvator Mundi(サルヴァトール・ムンディで、著作権侵害にであった。)」を紹介し、裁判官は、ダ・ヴィンチが著作権侵害で訴えることができるかという考えのようだと報告した。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)は1519年に死去しているが、連邦裁判所はWebサイトのダ・ヴィンチの絵画を使った作品のディスプレイを中止するように禁止令を発行したと、途方もない話しを紹介した。

[AD] You can advertise on this site.

人は、レオナルド・ダ・ヴィンチが作成したどんな作品もすでに著作権はなくなり、公知だろうと考えるている。

この場合、サルヴァトール・ムンディ(Salvator Mundi)と呼ばれる絵画について、実際に懐疑的だが、ダ・ヴィンチが今も、芸術「認証」ビジネスに関して主張していると報告した。

実際にこの「新しく発見されたダ・ヴィンチ」の作品に会った人々はほとんどいない。

この絵画を所有するために設立された小さな会社SMLLC(Salvator Mundi LLC)は、イメージの写真を作成するために写真家を雇った。
しかし、その後、絵画の促進をコントロールすることを望んだ。

SMLLCは、絵画自体で著作権を保有しないかもしれない一方、それが写真に今までどおり著作権を保有することができると主張して、絵画の写真の著作権を要求している。

もちろん、著しい芸術的な決定が写真を作る際に下された場合、それは単に真実で、また、その後、著作権は単にそれらの部分をカバーすることになる。

一方の方法、写真の掴むことを得られた誰かが、自分のWebサイトにそれを郵送した。

SMLLCは、これが侵害していると主張した。

つまり、ダ・ヴィンチの作品自体の著作権は切れているが、それをコピーした写真の著作権は存在していると主張している。

そんなのあり、これから画面をキャプチャした画像も著作権が主張できるようになる。

著作権が切れたものの著作権を再度主張するための技術のようで、このような著作権を認める裁判所は、やはり異常でしょう。

著作権にテクニックは使用禁止にすべきでは???

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.