AD SPACE

2011-10-11

フィッチは、インドのテレコム・ポリシーでさらなる詳細が必要。

Cellular-Newsは、フィッチ・レーティングス(Fitch Ratings)が、インドのNTP 2011(National Telecom Policy, 2011/全国テレコム・ポリシー2011年のドラフト)は、新しい長期を規定するガイドラインに注目するが、フィッチのより短期信用不安の基礎となる詳細に取り組まないと、報告書の中で言っていると報告した。

したがって、フィッチ・レーティングスは、規定する不確実性が終了までに予定されて、最終政策まで短期の間継続することを期待し、2011年12月に特定の政策詳細を提供する。

[AD] You can advertise on this site.

フィッチの重要な分野信用不安は、6.2MHz以上の超過スペクトル用一時的費用、スペクトル更新料、スペクトル再ファーミング、より高いスペクトル・チャージおよび厳密なM&A規則の賦課を含んでいる。

フィッチのアジア太平洋TMTチームのアナリストであるニティン・ソニ(Nitin Soni)は、
「インドの通信のための規定する危険は著しく、より大きな通信です。Bharti Airtelを含むことは、規定する決定により中期にわたる著しい資金支出に直面するかもしれません」と言っている。

NTP為替手形は、スペクトルがライセンスにリンクされ、個別のスペクトル法がスペクトル割付け、共有、共同出資し、取り引きし、価格を管理するために導入されると述べた。

この開発およびVoIP(voice over internet protocol /ボイス・オーバ・インターネット・プロトコル)を許可する意図は、、万一、それらが音声ライセンスを得れば、主としてBWA(broadband wireless access/広帯域無線アクセス)スペクトル勝利者からの競争激化に結びつくかもしれない。

BWA通信は、リライアンス・インダストリーズ(Reliance Industries)に支持されたReliance Infotelを含んでいる。

まだ不安定要素を抱えているインドのNTP 2011に対し、フィッチ・レーティングスは、2011年12月に特定の政策詳細を提供することになった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.