on-the-time.jp

2011-10-11

中国のスマート・カード・メーカーが市場占有率を獲得。

Cellular-Newsは、過去2年にわたって市場を開拓するため、小さなEastcompeace、Watchdata、Datang、Wuhan Tianyuなど、アジアのスマート・カード・ベンダーが攻め続けていたが、2009年の12.4%から、2010年に市場占有率を16%に増加させることに成功したと報告した。

トップ4といわれるヨーロッパのベンダーGemalto、 Giesecke & Devrient、Oberthur、Morphoを攻め、2009年の71.4%から、2010年に市場占有率を66.6%まで落ちるのを見た。

[AD] You can advertise on this site.

ABI研究所(ABI Research)のセキュリティとIDグループ管理者ジョン・デブリン(John Devlin)は、
「アフリカで、多くの予期される成長が見られます。」
「まだ、比較的低い浸透率でありますが、事態はひどく荒れ始めています。」
「また、私たちは、これが継続することを期待します。」
「今年10%未満に落ちると予想されて、中国の成長は今遅くなり始めていますが、他の市場(特にインド)は驚くべき割合でそれらのSIM出荷を増加させています。」と言っている。

スマート・カードは2011年にほぼ17%成長すると予想され、その成長の多くは、年末に使用されていると予想され、さらに5億近くのSIMカードとともにSIMが出荷され続けると予測している。

全体として、アフリカのSIM出荷は2010年に40%までジャンプし、2011年に少なくとも21%上昇すると予想されている。
同様に、中東も強かった。
一方でインドの出荷は2010年に43%で、2011年に35%であると予想されている。

しかし、他のセクター、特に支払いおよび銀行業務のスマート・カードの理解力は、さらにアジアのメーカーの拡大チャンスを作っている。

「EMVは、不正行為の危険を減らすために新興市場にますます採用されています。」
「また、中国は、今PBOC 2.0チップおよびPIN標準を採用することを期待しています。」
「同時に、私たちは、次の5年以内に転がり出る既存の全国身分証明書への改良を予想します。」
「主要なベンダーは識別と支払いのセクターで強い存在感を持っていますが、そのような動きは必然的に他の新興市場のレバレッジに国内の中国の会社のためのプラットフォームおよび重要な経験を供給するでしょう。」とジョン・デブリンが言っている。

SIMカードのような単純なチップは、どこでも簡単に製造できることから、中国を初め、多くの発展途上国ハイテク企業の大量生産が市場を拡大するだろう。

ただし、すでに現状のSIMカードのセキュリティ能力に満足できなくなってきている。

一番大きなテーマは、ソフトSIMカードの実現化もしれない。

現状のSIMカードに全面的な期待ができるほど、性能はよくない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.