on-the-time.jp

2011年10月11日

世界の携帯電話会社の年収は、2020年にUS$1兆2000億!?

未来

Cellular-Newsは、GSMAが無線デバイスで接続される総合研究調査結果として、「Connected Life」を公開し、現在の無線デバイス数の90億から、2020年には240億になると予測し、そのうち携帯電話とタブレットがは2010年の60億から、2020年には120億に倍増すると予測していると報告した。

この爆発的な成長は、2011年の期待収益からの7倍の増加を実現し、2020年までに携帯電話会社の収入機会がほぼUS$1兆2000億になることを支援すると報告している。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

GSMAの最高マーケティング責任者マイケル・オーハラ(Michael O'Hara,)は、
「私たちモバイル産業の開発は、次の過程を入力しています。私たちが見るところ、モバイルで私たちの生活をべて接続する。」
「この新しい接続した生活で、モバイルは社会を変形し、私たちが互いだけでなく環境も対話する方法に、深遠な効果があるでしょう。
しかし、タブレットPCから新しいヘルスケア装置までのすべての中で、モバイル技術が人々の個人および経済活動をどのように増強することができるか実証するために、この巨大な機会の利用は、全生態系を横切って共同作業を要求します。」と言っている。

つまり、携帯電話会社にもの凄い機会が提供されるが、その機会をどこまですくえるかという経営能力が、幹部社員に要求される時代になる。

携帯電話会社は、垂直の業種にそれらの顧客に対する新しい貢献を強いることを提供するようにより、緊密に協力すると同様に貢献準備およびシステム・インテグレーションのような価値体系の重要分野をアドレスすることにより、この重要な収入機会から利益を得ることができる。

この共同作業から利益を得るセクターは家電業界を含んでいる。
家電業界は、US$4450億の直接の収入を生成することができた。
自動推進のセクターは、収入でUS$2020億を生成することができた。
健康セクターは、US$690億の成長を見ることができた。

つまり、携帯電話会社が通信事業者としての技術支援はするが、これまでの通信事業者のように、そこに収入を期待するべきではないと言うことである。

これはまさに、コミュニケーション・サービス業の総合デパートになる。

これからの戦国時代に生き残る経営者は、通信事業者の経営者ではない。

GSMAが紹介している展開よりさらに広い領域まで変化することだろう。

Regionally, the MNO US$1.2 trillion addressable revenue opportunity equates to:
* Asia Pacific: US$447 billion
* Europe: US$305 billion
* Latin America: US$92 billion
* Middle East & Africa: US$87 billion
* North America: US$241 billion

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。