2011-10-10

ロックスターがかけるサングラスのような星雲。

NASAは、ロック・スターだけがかけることを許されそうなサングラスにも見える星雲は、焦点をスター形成の暗い地域に合わせていると報告した。

NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)は、可視光線中で見られた時暗黒星雲の後ろに道に迷う星の幼児に示して、その赤外線ビジョンを備えたこのほこりまみれの星雲の真中を露出した。

「Messier 78」として最もよく知られている2つの丸は、緑がかった星雲で実際に周囲の暗い宇宙塵雲から刻んで作られた穴であった。

拡張ほこりは、シュピッツァー宇宙望遠鏡の視界でさえ、ほとんど暗い。
しかし、端は明るい内部を包む強烈な赤い構造として中央の波長の赤外光中で現われている。

「Messier 78」は、ちょうどオリオンのベルトの北東へ、オリオンの星座の中で小型望遠鏡でも容易に見られるが、優勢なもの、ほこりの暗い一刈りと共に、著しく異なっているように見える。

スピッツァー宇宙望遠鏡の赤外線の目は、星雲の強烈な内部を明らかにして、このほこりを浸透した。

彼らの誕生のシェルによってまだ彼らの方法を焼いていない一連の赤ちゃん星は、星雲の外部の赤いピンの先で見なすことができる。

結局、これらは、この2目の眼鏡を星雲の多くの注視された怪物に変えて、自分の強烈なボールにやがてなる。

この画像は、2つのスピッツァーの道具からの赤外線観察を示す、三色の合成画像である。

青は、両方ともスピッツァーの赤外線アレイ・カメラによって捕らえられ、3.6-から4.5ミクロンの光、および5.8から8ミクロンの緑の光を表わしている。

赤は、スピッツァーの多周波帯の撮像測光器によって検知され24ミクロン薄い光である。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech