gaYa広告

2011年10月11日

子ども犠牲がビジネスである場合。

美容と医学の科学

BBC Newsは、ウガンダの首都カンパラを囲む村および農村では、恐ろしいことが起こっていると報告した。

児童が自宅から学校に、学校から自宅に向かうとき、教師と親によって注意深く見られている。

遊び場、道ばた、路傍には、妖術師による子どもを犠牲にすることを目的にした誘拐の危険のポスターが警告している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

3年くらい前まで、富と健康をもたらすと信じる人は、昔は妖術師による子どもを生け贄にする儀式として行われていたが、最近はほとんど行われていなかったが、しかし、それは、国の経済ブームで再出現した。

子どものバラバラ死体が、路傍、人身御供の力に対する明らかに確信の犠牲者で発見された。
それらの多数が、富を増加させようと企てて、国の新エリート集団のメンバーが妖術師巨額の金銭を払って犠牲にしていると考えられている。

BBC Newsは2010年10月24日に、若いアルビノ(albino)少年のバラバラ死体がブルンジ-タンザニアの国境の川の中で見つけられたとレポートは報告している。

似たことがケニアでも起こっている。

どうも、アフリカ中で同様のことが行われていたようである。

今回が、最も詳しく解説しているが、あまりにも残酷で、恐ろしいことになっている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト