gaYa広告

2011年10月11日

子ども犠牲がビジネスである場合。

美容と医学の科学

BBC Newsは、ウガンダの首都カンパラを囲む村および農村では、恐ろしいことが起こっていると報告した。

児童が自宅から学校に、学校から自宅に向かうとき、教師と親によって注意深く見られている。

遊び場、道ばた、路傍には、妖術師による子どもを犠牲にすることを目的にした誘拐の危険のポスターが警告している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

3年くらい前まで、富と健康をもたらすと信じる人は、昔は妖術師による子どもを生け贄にする儀式として行われていたが、最近はほとんど行われていなかったが、しかし、それは、国の経済ブームで再出現した。

子どものバラバラ死体が、路傍、人身御供の力に対する明らかに確信の犠牲者で発見された。
それらの多数が、富を増加させようと企てて、国の新エリート集団のメンバーが妖術師巨額の金銭を払って犠牲にしていると考えられている。

BBC Newsは2010年10月24日に、若いアルビノ(albino)少年のバラバラ死体がブルンジ-タンザニアの国境の川の中で見つけられたとレポートは報告している。

似たことがケニアでも起こっている。

どうも、アフリカ中で同様のことが行われていたようである。

今回が、最も詳しく解説しているが、あまりにも残酷で、恐ろしいことになっている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト