on-the-time.jp

2011年10月11日

イスラエルとハマスは囚人交換取り引きに同意。

BBC Newsは、イスラエルとハマス(Hamas)は、5年間のパレスチナ人過激派グループに拘留されたイスラエル兵士の人質ジラード・シャリット軍曹(Sgt Gilad Shalit)釈放のための取り引きに同意したと報告した。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相(Prime Minister Benjamin Netanyahu)は、この取り引きが骨の折れる会談の後に到達しており、ジラード・シャリット軍曹が「数日内に」彼の家族もとに戻っているだろう、と言った。

イスラエルは、その交換に何百人ものパレスチナの囚人を釈放することになる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ジラード・シャリット軍曹は2006年に国境を越えた襲撃で捕らえられた。

また、彼の開放を協定する試みは失敗した。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は全国テレビ演説で、
「私たちは、Gilad Shalitをリリースするハマスとの骨の折れる交渉を終えました。彼は次の数日に帰宅するでしょう。」
言った。

ジラード・シャリット軍曹の継続的な拘留は、彼の家族が開放のための注目のキャンペーンを維持し、イスラエルで大きな情緒問題になっていた。

しかし、囚人の任意の多量釈放には、パレスチナ人過激派グループとオブジェクトによって原則としては、多くのイスラエル人家族を殺した犯人がいる。

注目のパレスチナの囚人で数人は開放取り引きから除外された、と上級のイスラエルのオフィシャルが言った。

取り引きは激しい3時間の討論に続いて、26-3の投票によってイスラエル内閣の中で確認された。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、「これは困難な決定です。しかし、リーダーシップは困難な決定を下す能力で、このような瞬間にテストされます。」と言っている。

ガザにいる武装組織ハマスは、何万もの人々が取り引きを祝うために、通りでいると声明で言った。

目撃者は、銃を空に向けて発射し、自動車警笛を鳴らして祝う群衆について記述した。

パレスチナの人々にとって勝利として交換取り引きを迎えるために、グループのリーダーで、シリアで追放されているカーレム・メシャール(Khaled Meshaal)がテレビに現われた。

彼は、イスラエル人が27人の女性を含む、1,027人の囚人を解放することに合意したと言った。

しかし、数人の注目のパレスチナ囚人は解放されないだろうと、イスラエルのシンベット内部情報サービスのヘッドであるヨーラン・コーエン(Yoram Cohen)は言った。

釈放にふくまれていない人には、ファタハ・リーダーであるマーワン・バルガフティ(Marwan Barghouti)、2001年にイスラエルの観光旅行大臣の殺害を命じるたアーメッド・サーダット(Ahmed Saadat)、ハマスのアブドゥーラー・バグティ(Abdullah Barghouti)などの大物が居る。

報告書は、次の2か月の間リリースされる残りと共に、今後数日間に最初の450人の囚人が解放されるだろうと述べた。

カーレム・メシャールは、「それは大きな業績です、質の成功。」
「この合意のために、敵の刑務所には女性はもはやいないでしょう。」と言った。

彼は、イスラエルの刑務所で拘留されたすべてのパレスチナの囚人を解放するために働き続けると約束した。

イスラエルによって拘留された約5,000人のパレスチナ人がいる。
重罪の有罪判決は、そのうちの何人か下された。しかし、他のものは裁判なしで保持されている。

イスラエルのチャンネル2テレビは、両側が最近の会談でより大きな柔軟性を示したと報告した。

ハマスは2009年10月に、彼を解放するためにあらゆることをするようにベンヤミン・ネタニヤフ首相に要求する兵士のビデオをリリースした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。