AD SPACE

2011-10-11

世界で結核で病気になる人々の数が初めて減少。

美容と医学の科学

BBC NewsはWHO(World Health Organization/世界保健機構)からの情報として、結核(tuberculosis)で病気になる人々の数は初めて減少したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

新しい数字は、グローバルな死亡者数が中国、ブラジル、ケニアおよびタンザニアでなど、主な前進と共に10年間で最低のレベルに落ちたことを示した。

しかし、WHOは、資金不足が特に多重薬耐性のTB(tuberculosis)に関して、進行を脅かすと警告した。

国連事務局長潘基文(UN Secretary-General Ban Ki-moon)は、これが自己満足の原因がないと言いました。

WHOによれば、数は、世界の人口の3分の1を感染させる疾病に対する戦いで、重要な画期的事件を表わしたが、一部分だけでは、その結果はさらに悪くなっていた。

結核で死んだ人々の数は2003年に180万人とピークに達し、2010年までに、これは140万まで減少した。

壮観な進歩は中国で得られた、とWHOが言った。

中国では、1990年から2010年の間に80%減少した。
ケニアとタンザニアでは、HIV流行病にリンクされたピークの後の、最近の10年間で本質的な衰退がさらにあった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.